渡辺明二冠、勝てば史上2人目の全勝昇級 注目の夜戦へ/将棋・順位戦B級1組

 将棋の順位戦B級1組の最終戦となる13回戦で、渡辺明二冠(34)と斎藤慎太郎王座(25)が、現在対局中だ。既にA級復帰を決めている渡辺二冠は、勝てば1997年度の丸山忠久九段(当時七段)以来、史上2人目となるB級1組12戦全勝となる。午後6時からの40分間の夕食休憩を終え、両者の残り持ち時間は渡辺二冠が3時間5分、斎藤王座が2時間20分。

 渡辺二冠は昨期A級から降級し、復帰を目指して今期の対局を続けてきたが、ここまで負け知らずの11連勝。既にわずか1期でのA級復帰を決めていれば、12戦全勝で終えれば、21年ぶりの快記録達成となる。一方の斎藤王座は、同時刻で対局中の木村一基九段(45)が敗れるという条件付きながら、勝てば初のA級入りの可能性がある。


 夕食休憩では渡辺二冠が「カツ丼・ざるそばセット」、斎藤王座が「ミックス雑炊」を注文。昼食に続き、どちらも「みろく庵」からの注文となった。みろく庵は、今年3月での閉店が決まっており、棋士や関係者だけでなく、多くの将棋ファンからもその閉店が惜しまれている。


 対局の持ち時間は各6時間で、終局は今夜遅くになる見込み。AbemaTVではこの対局を終了まで生放送する。


(C)AbemaTV


▶【現在対局中】 第77期順位戦B級1組第13回戦 渡辺明二冠 対 斎藤慎太郎王座

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000