恵比寿マスカッツ・石岡真衣、“五反田のキャバ嬢”に意中の男性を奪われ宣戦布告 「緊急ロケ」に発展

 恵比寿マスカッツの冠番組『恵比寿マスカッツ 真夜中のワイドショー』(AbemaTV)が放送され、恵比寿マスカッツ・石岡真衣が五反田のキャバ嬢に宣戦布告を行った。


 オアシズがMC、黒沢かずこがADを担当して“セクシー事件簿”をマスカッツなりに大体で討論する大人なワイドショー番組は、恒例企画となった「ましたけどデスボール!」からスタート。ドッジボールのように2チームに分かれてボールを投げ合い、当たってしまった者は隠してきた秘密をカメラの前で告白しなくてはならないというルールのもとに進められていく。

 ボールに当たってしまった石岡真衣は、「隠してましたけど、ずっと気になってた男性を五反田のキャバ嬢に盗られました」とカミングアウト。話によると、そのキャバ嬢から急に「お前、恵比寿マスカッツの石岡真衣って言うんだな」と名指しで電話がかかってきたそうで、これにはメンバーたちも「えぇ~!」とドン引きだ。


 さらに酷いことに、「お前、全然マスカッツで前に出てこねぇじゃねぇか」と、暴言まで吐かれたそうで、大久保佳代子も「(マスカッツの活動を)見てるんだ!」と驚愕。するとこの話を聞いた番組スタッフが唐突に「ロケだな!」と、“石岡 VS 五反田のキャバ嬢”のロケ実施を提案し、スタジオからは爆笑が起こる。

 大久保も「(男を)取り戻そうぜ!」「乗り込もうぜ!」と乗り気になって石岡を囃し立てると、石岡は「おい、五反田の○○!(放送ではピー音) 絶対取り返してやるからな!」とカメラに向かって宣戦布告。光浦靖子も「こっちに正義があるぞ!」と石岡を鼓舞していたが、果たして因縁の対決は実現するのだろうか?

(C)AbemaTV


【注目動画】
▶恵比寿マスカッツ・石岡真衣、“五反田のキャバ嬢”に意中の男性を奪われ宣戦布告 「緊急ロケ」に発展

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000