「首を傾けてグッと…」キスシーンに興奮の声殺到! イケメンの本音は?

 『陸海空 地球征服するなんて』から生まれた恋愛リアリティショー「ラブアース」シーズン3の第6話が、AbemaTV(アベマTV)で放送された。


 今回はラオスを舞台に6人の男女が観光スポットを巡りながら恋愛し、10日間で2つの世界遺産制覇を目指す。MCはオオカミ少年・片岡正徳、「恋愛見届け人」を相席スタート・山崎ケイと柴田あやなが務める(※記事ではネタバレを含みます)。

 6日目の朝、所持金が600円しかないメンバーたちは、1本5円の激安バナナを購入して飢えをしのいでいた。資金不足で不安な状況だが、ここで資金が倍になる“倍チャレンジ”のチャンスが訪れる。

 “倍チャレンジ”のミッションは「10秒心の中で数え、ストップウォッチを見ずに止める」というもの。指定した範囲内で10秒に近ければミッション成功だ。

 元保育士で現在は俳優として活動しているかーくんが名乗りを上げ挑戦したが、11秒を超えてしまい、残念ながら失敗に終わる。

 しかし、このままでは毎食バナナになってしまうため、スタッフからまたもや“倍チャレンジ”の知らせが入る。今回は「マッチを1発で点ける」という内容。

 代表者は、女性メンバーからの指名でナルシストな性格だけれども“倍チャレンジ”成功率が高いイケメン・けいしに決まった。

 これまでのチャレンジにすべて成功してきたけいしは、今回もあっさりとチャレンジ成功。あすかは「昼も夜も食べられる」と笑顔を見せる。


毛深い身体を隠すため、けいし「脱ぎたくない」と断固拒否?!

 目的地であるブルーラグーンに到着し、さっそく水着に着替える一行。しかし、けいしだけはTシャツを着用している。女性陣に突っ込まれると、けいしは「脱ぎたくない」という。理由は「毛が濃いから」だそうで、旅2日目に沐浴した際も頑なに脱がなかった。

 しかし、メンバーたちがブルーラグーンを満喫していると、突然けいしが「俺、脱いでやるわ」と宣言。とうとうTシャツを脱いだが、本人がコンプレックスだという毛深さは見られない。

 スタジオで見守っている片岡、山崎、柴田も「お腹の毛のこと言ってるの?」と困惑していた。


  次の目的地・パトゥーサイに到着したメンバーたちのもとに、ラブミッションの知らせが入る。内容は「ラップ越しに男女1組がキスをする」というラップキス。くじ引きの結果、挑戦者ははーちゃんとけいしに決定。10秒間のラップキスに、地元の人を含め周囲はニヤニヤと見守る。

 このとき、はーちゃんに思いを寄せているかーくんは、「相手がけいしだったからまだいいかな。多分けいしははーちゃんに気がない」と落ち込む様子はなかった。一方、はーちゃんは「けいしでめっちゃうれしかったです」と喜んでいた。

 その理由は「けいしだと何も思わない」からだといい、こもりんやかーくんが相手だと「変な意味を持つなと思って……」と、安心した様子。


ラップキスにスタジオ興奮!「首傾けてから……」

 けいしのラップキスに、スタジオで見守っていた山崎ケイと柴田あやなは、「よかった~!」「首傾けてから、もう1回グッと……きゃ~!」と興奮。AbemaTV視聴者からもコメントで「イケメンのキスですわ」「みんなの前でするの?」「はーちゃん嬉しそう」「恋に発展したら面白い」などの声が寄せられた。


 山崎は「(けいしは)恥ずかしがり屋なのに、恥ずかしがったら逆にやりにくかったり、女の子に対して申し訳ないっていうのがあったのでは」と分析し、「そういう男気もかっこいい」と好評価。


 そんなけいしが、この日のラブタイムで会いに行ったのはあすかだった。2日連続で来たけいしについて、あすかは「けいしはなっつと一緒にいることが多いから、なっつかな?って思ってました」と、意外だったことを明かした。

 スタジオメンバーたちは、「なっつに行ってほしいって気持ちもあるけど、あすかも金庫番やったりがんばってるしな~」と複雑な様子。柴田は「あすかだった理由言ってなかったですよね」と指摘すると、山崎も「けいしの本音が知りたいですよね。今どういう思いでなっつとあすかに対して気持ちが向いてるのか」と気になっている様子だった。

※山崎ケイ(崎は正式には「たつさき」の字)


男子メンバー、女子のスマホを覗き見て…スタジオ「怖いんだけど!」とドン引き ▶︎動画はこちら【期間限定・無料】(26分ごろ〜)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000