『しくじり先生』復活初回“先生”はクロちゃん! オードリー若林「エピソードがひどすぎた」

 過去に“しくじった”ことのある先生たちが同じ失敗をする人を増やさないよう授業する、反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。2014年の初回放送以降、深夜番組、ゴールデン、スペシャルと形を変えて繰り返し放送されてきた人気番組が、いよいよレギュラー放送として復活する。

 テレビ朝日系にて4月1日深夜0時20分より放送(※一部地域をのぞく)の記念すべき第1回は、安田大サーカス・クロちゃんが先生として登壇決定。嘘つき、クズ、変態と世間から非難殺到のクロちゃんが、努力を全くせず、楽な道ばかりを選んできた自分の人生を反省するとともに、衝撃の事実をテレビ初告白する。


 そんな番組復活を記念し、初回収録後に若林正恭(オードリー)、吉村崇(平成ノブシコブシ)が囲み取材に応じ、意気込みを語った。


 レギュラー復活を聞いたときの気持ちについて、若林と吉村は「うれしくて楽しみにしていた」と喜びを明かす。若林は「番組が終わったときに本当に寂しくて墓を作った。でも久しぶりに会ったらみんな老けてるんですよね!」と笑いを誘った。


 若林の話にうなずきながら吉村も「こういう現場の打ち上げって、毎回『またこのメンバーで会いましょう!』って必ず言うんだけど、本当に再会することってあるんですね!」と話し、2人目線を合わせながら大笑い。


 レギュラー復活一回目の先生となり「親から仕送りを22年間、平均20万円もらっている」「努力をしないということだけ心に決めている」など、さまざまな衝撃エピソードを明かしたクロちゃんに対して、若林は「深夜の頃ってそんなに教訓もなく、反省もしていないだろう先生もいたりして、それが面白かったんですけど、クロちゃん先生に対してはそれもなかったんで(笑)。エピソードがひどすぎて荒れに荒れましたね」と苦笑い。吉村も「復活一発目ということで、たくさんの大人がスタジオにいたのに(教科書の)ページをめくる度に人数が減っていくのがすごかった」と、クロちゃん先生の授業に驚きを隠せなかった様子。


 また、『しくじり先生』がAbemaTV(アベマTV)と連動配信していくことについて、吉村は「より攻めた人選ができることも楽しみですし、AbemaTVはパンサー向井が牛耳ってるって聞いたんで、そこの座は奪いたいですね!」と意気込みをのぞかせた。


 今後、番組に“先生”として登場してほしい人について、若林は「たまに“あの人来るらしいよ”って聞いていたのになくなったこともある。深夜になって、来やすくなる人も多いんじゃないかな。ここ最近『この人、しくじり先生にいいんじゃないか?』ってメディア側が勝手にキャスティングしている記事もよく見るので(笑)」とコメント。吉村は「たくさんいるんですけど、とろサーモンの久保田!」と、昨年『M-1グランプリ』の騒動で話題になった久保田かずのぶ(とろサーモン)の名前を挙げた。


 AbemaTVでは未公開シーンを盛り込んだ“地上波授業の完全版”を放送。その他、AbemaTV完全オリジナル新企画”を続々投入。とある理由で封印されている芸人たちのネタ、迷走していた時期に作った恥ずかしいネタをしくじりエピソードとともに披露する『しくじりお笑い研究会』、披露宴や忘年会でスベリ倒した素人の映像を鑑賞する『しくじり映像研究部』など、破天荒なものばかり。


 また、地上波レギュラー放送では、授業で使用する教科書に“袋とじ”を用意。さらにAbemaTV版だけの “地上波では見られない秘密のページ”があり、地上波とAbemaTVの“袋とじ連動”を楽しめる。


■放送概要
・テレビ朝日▶︎2019年4月1日よりスタート 【毎週月曜】 深夜0時20分~(※一部地域をのぞく)
・AbemaTV▶︎2019年4月1日より【毎週月曜】深夜0時50分〜「Abemaビデオ」で配信開始
 【毎週火曜】 夜10時~ AbemaSPECIAL2にて放送


(ライター/中村梢)

(C)テレビ朝日


視聴予約はこちら ▶︎ 地上波未公開!クロちゃん完全版『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000