【対局中】藤井聡太七段、勝てば年度最高勝率単独トップ浮上 夜戦に突入/将棋・竜王戦4組ランキング戦

 将棋の藤井聡太七段(16)が3月8日、竜王戦4組ランキング戦2回戦で畠山成幸八段(49)と対局中で、夕食休憩を終えて夜戦に突入した。藤井七段は今年度の成績が41勝7敗、勝率.8542と好調。勝利すると、中原誠十六世名人の年度最高勝率(47勝8敗 .8545)を超えて.8571となる。

 昨年度に続き、今年度も高勝率で勝ちまくる藤井七段は、各成績でも全棋士トップクラスの成績だ。勝利数は、この対局で勝利すると42勝で広瀬章人竜王(32)とトップタイになる。また勝率では既に単独トップに立っており、2年連続での勝率一位賞をほぼ手中に収めている。昨年の73局、61勝、勝率.836、29連勝という“4部門独占”とまではいかないまでも、予選免除などから対局数が減り、対戦相手のレベルが上がった中での成績としては、昨年並みかそれ以上に驚異的な数字を残している。

 午後6時から40分の昼食休憩が終わり、現在は対局が再開。竜王戦ランキング戦の持ち時間は各5時間で、藤井七段は後手番。夕食休憩時の残り持ち時間は、藤井七段が1時間16分、畠山八段が1時間50分。終局は今夜になる見込み。AbemaTVでは、この対局を終了まで生放送する。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000