“将棋界の一番長い日”夜戦に突入 豊島二冠、広瀬竜王、羽生九段が挑戦権争いで対局中/順位戦A級

 将棋の順位戦A級最終戦となる9回戦が3月1日の午前9時から始まり、全5局が夕食休憩を終えて午後7時から再開した。注目は佐藤天彦名人(31)への挑戦権争い。豊島将之二冠(28)は久保利明九段(43)に勝った時点で8勝1敗の成績で挑戦権獲得が決定する。逆に敗れた場合は7勝2敗となり、広瀬章人竜王(32)と羽生善治九段(48)の対局の勝者と、プレーオフが決まる。対局の持ち時間は各6時間。

 三つ巴となっている挑戦権争いだが、唯一自力で決められるのが豊島二冠。前日まで7勝1敗と単独トップに立っており、久保九段に勝つと唯一の8勝1敗で、A級トップが確定。同時に名人挑戦が決まる。昨期は、挑戦権獲得を目前としながら、最終局で敗れ史上最多6人によるプレーオフに。順位が最も低かったため、1回戦からの登場になった豊島二冠は3連勝したものの、4回戦で羽生九段に敗れて初の名人挑戦を逃した。

 逆に豊島二冠が敗れると、もれなくプレーオフが確定する。現在6勝2敗の広瀬竜王と羽生九段が最終戦で直接対決するため、どちらか一方は2敗をキープ。7勝2敗で豊島二冠と、広瀬竜王-羽生九段の勝者が並ぶからだ。広瀬竜王、羽生九段といえば、昨年行われた竜王戦七番勝負でフルセットを戦った顔合わせ。広瀬竜王からすれば、史上4人目となる「竜王・名人」という快挙へのチャンス、羽生九段にとっては目前で逃したタイトル通算100期を達成するためにも、まずは目の前の対局に勝利し、プレーオフの可能性を待ちたい。

 また、同時に残留争いも熾烈だ。降級2人のうち、既に阿久津主税八段(0勝8敗)の降級が決まっているが、ピンチなのが2勝6敗の深浦康市九段。3勝5敗には稲葉陽八段と三浦弘行九段がいるが、深浦九段は前年成績を元にした順位が7位で、同2位の稲葉八段と勝敗で並んでも、順位で追い越せない。同8位の三浦九段が敗れ、ともに3勝6敗となった場合のみ、深浦九段が逆転で残留する。名人挑戦、降級が一気に決まることから「将棋界の一番長い日」とも称させる一斉対局。今期はどんな展開となるか。


◆挑戦権争い


豊島二冠が勝ち → 8勝1敗で豊島二冠が挑戦権獲得

豊島二冠が負け → 広瀬竜王と羽生九段の勝者とプレーオフ


◆残留争い


深浦九段が勝ち 稲葉八段が三浦九段に勝ち → 深浦九段が残留、三浦九段が降級

深浦九段が勝ち 三浦九段が稲葉八段に勝ち → 深浦九段が降級

深浦九段が負け → 深浦九段が降級


(C)AbemaTV


▶【現在対局中】 第77期順位戦A級9回戦 最終一斉対局 名人挑戦者決定!~将棋界の一番長い日~

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000