藤井聡太七段、逆転でB級2組に昇級なるか?師弟同時昇級は? AbemaTVで関連4局を同時生中継

 AbemaTVは3月5日、「将棋チャンネル」において、順位戦C級1組の最終11回戦のうち、B級2組への昇級に関わる4局を中継することを1日、発表した。藤井聡太七段(16)は、2期連続での1期抜け、さらには師匠の杉本昌隆八段(50)との同時昇級を目指しての対局に臨む。

 現在、C級1組は8勝1敗で4人が並んでいるが、勝敗数が同じ場合には、前年の成績を元にした順位が上位の棋士が優先される。成績上位2人までが昇級するが、藤井七段は4人中最も順位が低いため、昇級するためには最終戦で勝利した上で、他の3人の結果を待つことになる。


◆放送対局と昇級条件


近藤誠也五段(6位) 対 増田康宏六段  近藤五段は勝利で昇級確定

杉本昌隆八段(7位) 対 千葉幸生七段  杉本八段は勝利で昇級確定

船江恒平六段(14位) 対 金井恒太六段  船江六段は勝利し、近藤五段か杉本八段いずれかが敗れると昇級

藤井聡太七段(31位) 対 都成竜馬五段  藤井七段は勝利し、近藤五段・杉本八段・船江六段の3人中2人が敗れると昇級


▶【現在対局中】 第77期順位戦A級9回戦 最終一斉対局 名人挑戦者決定!~将棋界の一番長い日~

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000