堀江貴文、ついに東大二次試験に挑戦! 3月10日に結果を生報告

 『ドラゴン堀江』(AbemaTV)が放送され、堀江貴文が東大二次試験に挑戦した。

 本番組は高校3年生の夏の時点で“F判定”だったにも関わらず、東京大学文学部に現役合格を果たした堀江貴文が、売れずにくすぶっている若手タレント3人をわずか半年間で東京大学に合格させるべく奮闘する、型破りな“ガチ受験ドキュメント”。


 センター試験による“足切り”を見事突破した堀江と芸人・TAWASHI。TAWASHIが1日12時間もの猛勉強をする中、堀江は限られた時間を国語・英語・社会は“NO勉強”にして、すべての時間を数学に投入する作戦に出る。


 文系の2人にとって数学は難関だが、最強講師陣の1人“数学の魔術師”たくみは「最大で2問半」と、80点満点中半分以上を取る可能性があると、成果に期待を寄せていた。


 次週、番組は東大二次試験に挑む堀江とTAWASHIに完全密着。「やれることはやってきたと思います」と語るTAWASHIは会場に徒歩で向かう中、2000時間以上勉強したという半年間を振り返る。

 同じく試験会場に車で向かっていた堀江だったが、TAWASHIを見つけると「一緒に行こう」と車を降りる。堀江は「頑張ろうね」とTAWASHIに声をかけ、ともに試験会場へと入っていった。

 さらに番組では、東京大学の合格者が発表される3月10日に『ドラゴン堀江』最終巻となる2時間生放送を実施することを発表。2人の合否の結果は番組内で明かされるという。


堀江貴文が東大二次試験に向けて“ノー勉強”作戦を敢行▶︎動画はこちら【期間限定・無料】

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000