成立すればYoutubeが破壊?EU改正著作権法指令案第13条とは

 YouTubeが特設チャンネルで公開した映像が話題になっている。


 「Article 13 - Burning Questions #SaveYourinternet」と題した動画は、EU改正著作権法指令案第13条がいかに多くのユーザーに影響を与えるかを解説したもの。EU改正著作権法指令案第13条はオンライン上のコンテンツのより強い保護を目的に、プラットフォーム運営者に著作権違反の責任を求め、権利処理していない又は権利関係の不明な動画はアップできないようになる。


 これに対しYouTube側は「この案が成立・施行されると、EU圏内の膨大な数の動画が公開停止になる可能性がある」「世の中の動画の多くは権利関係が明確にされていない。13条の問題を取り上げ拡散してほしい」と訴えている。

 また、YouTube特設ページにはクリエイターの声として、「13条は創造性を保護するのではなく破壊しようとする法律」「YouTubeは自分自身を表現することができた唯一の場所。音楽などアップできないのはクリエイターの死刑を宣言するつもりですか」「我々は芸術家です。歌手は俳優たちより何百万も多くのファンを持っています。YouTubeを破壊するならヨーロッパは終わり」などの意見が寄せられている。

 こうした動きにITジャーナリストの三上洋氏は「プラットフォーム側が画像や動画などあらゆるコンテンツをチェックするのは難しい。AIですらチェックは困難。多くの動画が公開停止になり、ネットが萎縮するのは間違いない」と指摘。また、日本への影響については「現状を把握できないので、YouTubeクリエイターに直接的な影響はすぐに出ないはず」との見方を示している。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


“陽気すぎる”サタン像めぐり騒動、カトリック教徒が「侮辱的」と反発

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000