“お蔵入り”ラブシーンに視聴者「こっち見せろや!」の声 10日間で恋は生まれるか?

 『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日系)から飛び出した企画「ラブアース」のシーズン3の第4話がAbemaTVで放送された。


 今回舞台となったのは東南アジアのラオス。男女6人のメンバーは専門家(『地球の歩き方』ラオス編ライター・水野千尋さん)がオススメするスポットを巡りながら10日間で2つの世界遺産制覇を目指す。MCはオオカミ少年・片岡正徳、「恋愛見届け人」を相席スタート・山崎ケイと柴田あやなが務める(※記事ではネタバレを含みます)。

 メンバーが持つタブレット(通称・ラブレット)には、“恋が生まれる指令”ラブミッションが送られてくる。こもりんが「腕枕しながら10分間トーク」と読み上げると、メンバーたちは恥ずかしそうにお互いの顔を見合わせた。くじ引きの結果、なっつとこもりんが、腕枕にチャレンジした。


 4日目は、ちょうど12月24日。イブの夜のラブタイムでは、なっつの元にけいしが訪れた。

 ナルシストキャラのけいしはなっつにハグをしながら「今日は英語うまくできた。ビビったわ、普通に。あとあれ、めっちゃ緊張したわ」と、お蔵入りのラブミッションについて触れる。

 実はけいしとなっつは、“夕日のシルエットでキス撮影をする”というラブミッションの撮影を行っていたが、そのシーンは尺の関係でカットされていたのだ。


 このシーンを観ていたスタジオの柴田は「こっち見たかった!」とコメント。山崎が「超応援したいわ」と言うと、柴田も「私もこの2人、応援したい。一生懸命引っ張ってくれる2人」と同意した。オオカミ少年・片岡も「素晴らしい。幸せになってほしい」と絶賛。AbemaTV視聴者からもコメントで「お蔵入りラブミッションの方が見たかった!」と、けいしとなっつのラブミッションを希望する声が相次いだ。


 続いて、小悪魔系はーちゃんのもとにやってきたのは、サンタクロースの帽子を被ったかーくんだ。かーくんは「ちゃんと来たぜ、サンタ。すごいやろ」と自画自賛した。スタジオの山崎・柴田・片岡は、日中のけいしの指摘を思い出しながら「やっぱりナルシストだな」と納得。

 かーくんサンタから帽子を受け取ったはーちゃんは「え、私が被るの?」と言いながらサンタ帽子を頭に乗せる。それを見たかーくんは「あー、めっちゃいい!」と大喜びだ。

 かーくんははーちゃんにハグしながら「めっちゃ頑張ったな」と優しく声をかけた。はーちゃんは「はあ、よかった。誰も来ないかなと思った」と安堵した様子。これを観た山崎は「うわー」と苦笑していた。


 最後のこもりんが向かったのは、元気娘のなっつだ。旅の最初は誰からも選ばれなかった頑張り屋のなっつが2人の男性から選ばれたのを見て、スタジオでは、山崎・柴田・片岡が歓喜の叫び声をあげながら拍手。


 一方、年下好きのお姉さん・あすかの元には誰も来ない。そして、この日、ラブタイムで初めてこもりんははーちゃんのもとに現れなかった。


 はーちゃんはスタッフに「(こもりんが)来てくれなかったの結構ショックでしたね。ちょっと悲しかった。だからちょっと、かーくんが来たときに『あ、今日は(こもりん)来ないんやな』って思ったんですね。来ないんだっていう寂しさもあるし、今日つらかったなというのもあるし。傷ついてる? 落ち込んでる? ああもう、どうしよう? みたいな……」とここでも複雑な女心を見せた。第4話の気になる続きはAbemaビデオ(期間限定・無料)をチェック。

 また、Abemaビデオの未公開映像ページでは、男性メンバー・かーくんのナルシスト疑惑をほぼノーカットバージョンで公開している。


※山崎ケイ(崎は正式には「たつさき」の字)


【期間限定・無料】「悪女。どうしてそういうことする?」女同士のバトル勃発!?▶︎第4話・動画はこちら

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000