「普通にお金渡してあげて!」過酷旅でトラブル続出 優しすぎるスタッフにコメント殺到

 『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日系)から飛び出した企画「ラブアース」のシーズン3の第4話がAbemaTVで放送された。

 今回舞台となったのは東南アジアのラオス。男女6人のメンバーは専門家(『地球の歩き方』ラオス編ライター・水野千尋さん)がオススメするスポットを巡りながら10日間で2つの世界遺産制覇を目指す。MCはオオカミ少年・片岡正徳、「恋愛見届け人」を相席スタート・山崎ケイと柴田あやなが務める(※記事ではネタバレを含みます)。


 バスでバンビエンに向かおうとする6人だが、資金が残り約4836円しかない。“資金全然足りない問題”が再び勃発したところで、番組スタッフから“倍チャレンジ”を知らせるメールがメンバーのもとに届いた。お題をクリアすると旅の資金が倍になり、60万キープがゲットできる。

 今回のお題は、「10分以内にルアンパバーン名物のラオ・ラーオとカイ・ペーンを見つける」。ラオ・ラーオ(お酒)はすぐにゲットできたがカイ・ペーン(川海苔)は見つけられず、1度目の倍チャレンジは失敗。

 しかし、ここでさらなる悲劇が6人を襲う。14時30分発のバスが出発してしまったのだ。しかも、この日最後のバスだという。バスのチケットは返金できず、明日改めて買い直さなければならない。

 この状況にAbemaTV視聴者からも「これはスタッフのせいw」「何してんの?」など、コメントでツッコミが続出。


 スタッフも想定外の展開だったため、特別にもう1度倍チャレンジを行うことになった。2度目のお題は「サンコン村へ行きラオス伝統工芸品の和紙で作られたランタンを手に入れろ」。

 しかし、ランタンは見つけられず、2度目も失敗に終わった。このままでは恋愛どころか旅自体を続けられないということで、最終手段としてスタッフが特別に3回連続で倍チャレンジ実施を決定。

 倍チャレンジを連発する優しいスタッフに、またもや視聴者からは「何回やるねん」「メンバーもスタッフもポンコツすぎる」「スタッフが譲歩している(笑)」「スタッフもう普通にお金渡してあげて!」などの声が相次いだ。

 3つ目のお題は「2分以内に男性メンバーが女性メンバー3人を三つ編み・おさげにする」という一見難易度低めのミッションだが、美容師免許を持つこもりんはなんと“おさげ”を知らなかった。

 そんな中活躍したのは、かーくんだ。かーくんははーちゃんの三つ編みおさげをいち早く完成させ、なっつの三つ編みに取り掛かる。そして、最後は三人がかりで無事おさげを完成させ、ミッションコンプリート。お金をもらうために時間を費やし、この日はここで足止めとなった。第4話の気になる続きはAbemaビデオ(期間限定・無料)をチェック。


 また、Abemaビデオの未公開映像ページでは、男性メンバー・かーくんのナルシスト疑惑をほぼノーカットバージョンで公開している。


※山崎ケイ(崎は正式には「たつさき」の字)


【期間限定・無料】「悪女。どうしてそういうことする?」女同士のバトル勃発!?▶︎第4話・動画はこちら

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000