川栄李奈、“スニーカーベストドレッサー賞”受賞 こだわり明かす

 スニーカーを素敵に履きこなしている著名人に贈られる「スニーカーベストドレッサー賞2019」の授賞式が21日、都内で行われ、女優の川栄李奈(24)や、お笑いタレントのレイザーラモンRG(44)らが出席した。


 女優部門で受賞した川栄。「今は本当に履きやすいスニーカーだったり、おしゃれなスニーカーがたくさん出ているので、これからもたくさん履いていけたらいいなと思います」と今後の意気込みを語った。


 また、散歩が好きでよくスニーカーを履くという川栄は「色がシンプルな靴だったら洋服を派手にしたりとか、靴下を派手にしたりとか。あと今もそうなんですけれど、靴ひもを自分で変えたりもします」とコーディネートのこだわりも明かした。

 芸能界きってのスニーカーマニアとして知られ、400足以上所有しているというRGは、去年に続き2年連続の受賞となった。RGは「R-1グランプリで早々と敗退したので、これが獲れてうれしいです。スニーカーの右足左足、この2人にとってのM-1グランプリです。ありがとうございます」と喜びをコメントした。


 また、この日、得意の“あるあるネタ”をDA PUMPのヒット曲「U.S.A.」の替え歌で発表したRG。「スニーカーの靴ひもあるある」として、「1回変えるけど元に戻しがち」と、スニーカーマニアならではの視点で披露した。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)


川栄李奈が婦警役で職質!街に出ると早速女たちからくちびるを狙われる?

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000