藤井聡太七段、最年少16歳6カ月で棋戦連覇達成! タイトル通算20期・渡辺明棋王破る/将棋・朝日杯

 将棋の藤井聡太七段(16)が2月16日、朝日杯将棋オープン戦決勝で渡辺明棋王(34)に128手で勝利し、羽生善治九段(48)以来史上2人目となる同棋戦の複数回優勝、連覇を達成した。また、一般棋戦の最年少連覇記録、16歳6カ月も樹立した。対戦した渡辺棋王は、永世竜王・棋王の資格も保持する超トップクラスの棋士。同棋戦では今期、本戦トーナメントで戦った全4戦を、不利とされる後手番ながら、快勝を続けて2年連続で頂点に立った。

 朝日杯は持ち時間各40分の早指し戦。藤井七段は昨年、準決勝で羽生九段(当時竜王)、決勝で広瀬章人竜王(32、当時八段)を下して、15歳6カ月という史上最年少の一般棋戦優勝記録を樹立。今期は前年覇者として本戦トーナメントから出場すると、1回戦で稲葉陽八段(30)、2回戦で糸谷哲郎(30)と、いずれも順位戦A級で活躍する棋士に続けて勝利。準決勝では第1回大会で優勝した行方尚史八段(45)にも快勝を収めていた。


 今回の決勝で初対決となった渡辺棋王は、永世資格を持つ竜王位11期、棋王位6期を含むタイトル通算20期を誇る超トップ棋士。今期は順位戦B級1組で11戦全勝しA級復帰を決めると、現在開催中の棋王戦五番勝負では7期連続7度目、王将戦七番勝負でも3期目のタイトル獲得に王手をかけるなど絶好調だった。両棋士とも、この対局を前に今年度の勝率が8割を超える(藤井七段.848、渡辺棋王.810)、まさに将棋界のトップレベルでの戦いとなったが、藤井七段が見事に勝ち切り、連覇を果たした。


 一般棋戦の連覇の最年少記録は、これまで羽生九段が保持していた18歳2カ月で、1987年度・1988年度の第3回、第4回の天王戦で記録していた。


 対局後、藤井七段は「中盤ずっと押したり引いたりという展開が長く続いて、最後まで難しい将棋だったかなと思います。去年に続いてこの舞台で将棋を指せることを楽しみにしていました。その中で、多くの方に見ていただいている環境で、落ち着いて2局とも自分の将棋を指すことができたかなと思っています。去年に続いて優勝という結果を残せてうれしく思います」と振り返った。


 準優勝の渡辺棋王のコメント 「決勝戦は藤井さんとの初手合で楽しみにしていましたが、中盤の勝負手を逃して一方的になってしまいました。そのあたりを課題にしてまた頑張りたいと思います」


(C)AbemaTV


▶【無料・見逃し視聴】第12回朝日杯将棋オープン戦決勝 渡辺明棋王 対 藤井聡太七段(準決勝含む)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000