もかがまさきに本気のキス!「感謝の気持ちを込めて私から…」 『ドラ恋2』最終回

  AbemaTVにて2月16日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい2』の最終回60分SPが放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の前野朋哉、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあ、そしてスペシャルゲストとして前シーズンでMCを務めていた大野拓朗を迎えた。


  “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、熊木陸斗(以下:りく/28歳)、七瀬公(以下:コウ/24歳)、兵頭功海(以下:カツ/20歳)、聖貴(以下:まさき/22歳)、花音(以下:かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下:ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下:さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下:もか/22歳)の男女8人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。 


 最終回でメンバーたちに配られた台本は白紙。それぞれが想いを寄せる相手に告白し、両思いになったカップルだけが最後のキスシーンに出演できるという。

 かのんは何度もペアを組み、想いを募らせてきたまさきに告白。「こんなにも誰かのことを追いかけて、こんなにも自分の気持ちを誰かにぶつけて、最後まで諦めたくないなと思ったのはまさきくんが初めてです。まさきくんのことが好きです。よかったらこれからも一緒にいさせてください」と伝えた。

 さらに、これまでまさきから想いを伝えられるも、その気持ちに応えられずにいたもかもまさきの元へ。そして、「この番組で毎回本当に辛くて。そのときにいつも気にかけてくれて、優しくしてくれたのはまさきくんで。気づいたら私はまさきくんのことが好きになっていました。これから少しずつ、私に心を開かせてください」とまさきの優しさに徐々に惹かれていったことを告白した。

 2人の告白を受けたまさきは、最初から一途に想い続けてきたもかを選択。「嬉しかったし、お互いをもっと知りたいっていうのがあったし…」と言葉に詰まりながらも喜びを明かした。

 見事カップルとなったまさき&もかは、教会で最後のドラマ撮影へ。まさきはもかの手を取り向かい合うと、「歌を届けたいと思います」ともかのために熱唱。続けて、「もかが俺を選んでくれたこととか、好きになってくれたことを後悔させんように、もかを大事にする」と改めてもかへの想いを口にした。

 

 そんなまさきからのプレゼントに、もかは「感謝の気持ちを込めて、わたしから…」とお返しのキス。ドラマの撮影とは違った本気のキスに大照れするもかに、まさきは「大好き。よろしくね」と抱きしめた。

 まさき&もかのキスシーンにスタジオメンバーは「きゃーーー!」と大興奮。「さいっこう!」「こんな恋あるんだなぁ」「もかのあの顔を引き出せたのはまさきだけだからね」と一途に想い続けたまさきの恋が実った瞬間に歓喜の声をあげた。

 一方、恋に破れてしまったかのんは、「辛かったけど、幸せでした。次がんばるぞ~!」と涙しながら笑顔。

 そんなかのんに想いを寄せていたカツは、「(かのんがまさきに告白するときに)いざその場に自分もいるとなると、辛かったなぁと思います」と切ない思いを告白。「けど、それは自分が本気で好きでいれたから、こういう風に思えたんだろうなって。かのんちゃんに出会ってかのんちゃんのこと好きになれてよかったです」とかのんへの想いを語った。


 他のメンバーたちの演技を通して生まれた恋の結末は一体どうなったのか?『恋愛ドラマな恋がしたい2』の最終回60分SPはAbemaビデオにて配信中。


(c)AbemaTV

【無料配信中】恋愛ドラマな恋がしたい2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000