りくミケ、カップル成立!いちゃいちゃキスに渡辺直美ら悶絶 『ドラ恋2』最終回

 AbemaTVにて、2月16日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい2』の最終回60分SPが放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の前野朋哉、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあ、そしてスペシャルゲストとして前シーズンでMCを務めていた大野拓朗を迎えた。


  “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、熊木陸斗(以下:りく/28歳)、七瀬公(以下:コウ/24歳)、兵頭功海(以下:カツ/20歳)、聖貴(以下:まさき/22歳)、花音(以下:かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下:ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下:さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下:もか/22歳)の男女8人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。 


 最終回でメンバーたちに配られた台本は白紙。それぞれが想いを寄せる相手に告白し、両思いになったカップルだけが最後のキスシーンに出演できるという。


 初めからりくのことを想い、2人で主役を勝ち取り、キスシーンも演じてきたミケは、やはりりくの元へ。

 そして、「たくさんありがとうって思う。いっぱいオーディション受けて、何回も落ちちゃって、でもそれでも一緒に組んでくれてありがとう」と感謝を伝えつつ、「りくくんはいっつも誰かが困ってるときに、一番すぐ助けにいってるのも知ってるし、自分が欲しいものがあっても他の人が欲しかったらすぐあげちゃう。だから、私がりくくんが困ってたら助けてあげたいって思うし、一番おいしいものがあったらりくくんに一番にあげたいって思う。りくくんに会えてよかったです。私はりくくんが好きです。よろしくお願いします」と涙しながらミケらしい言葉で想いを伝えた。

 ミケの可愛らしい告白にりくは笑顔で「よろしくお願いします」と回答。続けて、「このドラ恋でその時間がとてつもなく好きな時間で。それがだんだん時間が好きなんじゃなくて、ミケが好きなんだなって。だからこちらこそ、よろしくお願いします」と改めてミケへの想いを打ち明けた。


 その後、2人っきりになったりくとミケ。「一旦、目つぶって」とりくが誘導し、本気のキス。「もうダメだ~」と照れるミケがたまらなく愛おしい様子のりくは「もう1回、チューしていい?」と、再びキス。

 何度もキスを重ね、イチャイチャし続ける2人には「もう~キュンキュンしまくり」「素晴らしい」「愛おしさがバンバンでちゃってる」「なんて可愛い2人だ」などスタジオメンバーも拍手喝采だった。


 他のメンバーたちの演技を通して生まれた恋の結末は一体どうなったのか?『恋愛ドラマな恋がしたい2』の最終回60分SPはAbemaビデオにて配信中。


(c)AbemaTV

【無料配信中】恋愛ドラマな恋がしたい2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000