著作権侵害で「スクショ」も違法に、他人が投稿した画像の“私的利用”の場合は?

 「漫画村」などで社会問題になった海賊版サイトへの対策が13日、文化審議会の著作権分科会で了承された。今後は、著作権を侵害したあらゆるコンテンツのダウンロードが全面的に違法となる見込みだ。


 これまで違法ダウンロードの対象となっていたのは動画と音楽。今回新たに無断で投稿された静止画も違法ダウンロードの対象となるほか、著作権を侵害するものと知ったうえでスクリーシショットを撮ることも、ダウンロードの一種として違法となる。

 では、実際にどのようなスクショが違法になるのか。例えば、漫画村のような海賊版サイトを違法と知りながらダウンロード・スクショするのは、どのような形でもNG。一方、企業が公式として掲載しているHPや画像、ネット上で掲載されている他人が投稿した画像を「私的利用」でダウンロード・スクショすることは問題ない。


 なお、刑事罰の対象は「被害実態を踏まえた海賊版対策に必要な範囲で、刑事罰による抑止を行う必要性が高い悪質な行為に限定する」ということだ。文化庁が開会中の国会に著作権法の改正案を提出し、早ければ来年から施行される見通しとなっている。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


ちぃたん☆に“著作権”トラブル、須崎市が「活動停止」要請

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000