板垣瑞生×濱田龍臣×古川雄輝「1ページの恋」インタビュー “橋本環奈ロス”となった撮影裏を語る

 板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝、3人のイケメンが共演する連続ドラマ「1ページの恋」(AbemaTV)が2月18日より放送される。橋本環奈演じる主人公・水瀬あかりがタイプの異なる3人の男性と恋愛模様を繰り広げるラブストーリーだ。板垣はあかりの初恋の相手である森田郁巳役を、濱田は良き相談相手で幼馴染の乾大和役を、古川は刺激的な大人の男性・星野有利を演じる。


 取材部屋で再会するなり、板垣と濱田はいきなりハグ。楽しそうに抱き合いじゃれ合うが、古川はそんな2人を見守りながらニコニコ。会うたびにハグをするほど仲良しだという2人は今回の共演に大喜び。さらに濱田と古川は、ネットでしばしば“そっくり”と話題になるお互いとの対面を楽しみにしていたという。ドラマの中では、1人の女性をめぐって火花を散らす3人だが、インタビュー中は和気あいあい。それぞれの役作りや“橋本環奈ロス”となった現場でのエピソード、好きな女性のタイプまで話を聞いてきた。


そっくりと話題!濱田龍臣&古川雄輝が共演 次は兄弟役を希望!?

ーーはじめにオファーがきた時の感想を教えてください。


板垣:連ドラをちゃんとやるのも僕は初めてだったので、正直未経験のことばかりで迷惑もかけちゃうだろうし、恋愛ものということにも緊張していました。だけど、作品に対して熱い想いはありましたし、同い年のライバルみたいな奴といっしょにできるっていうのは本当に嬉しいなと思いました。


古川:僕はオファーがきたときは純粋に嬉しかったですし、すごく気合が入りました。恋愛ものはこれまでも多くやってきたのですが、特に気合が入ります。中でも星野という役は自由度が高いキャラクターで、いろいろ自分からお芝居がしかけられるキャラ設定だったので、台本を読んで「こんなことできるんじゃないか?」「台詞こう変えたらこうなんじゃないか」ってすごくアイデアがたくさん湧いてきました。「やってやるぜ!」みたいな気持ちで現場に入りました。


濱田:僕はダブルで嬉しかったです。顔が似ていると言われている古川さんもいるし、同い年の瑞生もいる!本当にすごくうれしかったです。同い年がいるっていうのは新鮮で、これまであまりなかったので。成人されてる方たちとの現場が圧倒的に多いんです。そして「ああ、ついに古川さんに会えるんだ~」というのもありました(笑)。そんなに似ているのかな?と思っていたのですが、いっしょに顔交換の写真を撮らせていただいたときに「あぁ~」と納得しましたね(笑)。


ーー「似ている」という声はご自身の耳にも入っていたんですね。


古川:濱田くんが「まめピカ」のCMやってるときから僕はずっと言われていました。長年言われ続けてきていたので、共演したいっていうよりも会いたかったです。会って確認したかった(笑)。ネット上で濱田君が出てると俺が出てると思われる(笑)。


濱田:僕は実はあまり古川さんに似てると言われることはありませんでした。けっこう前に古川さんが「行列のできる法律相談所」に出られているときに、そのお話をされているのを見ました。


古川:だって検索サイトで俺の名前打ってスペース空けたら「濱田龍臣」って出てくるよ?


濱田:すごい!(笑)なんか嬉しいですね。


ーー最初お2人が共演されるという噂を耳にしたときは、兄弟役かと思いました。


古川:次は兄弟役で(笑)。


濱田:ぜひぜひ(笑)。


古川雄輝の“エロい”演技を、板垣瑞生が証言「目開くまでに何秒かかってんだよっていう」

ーー先ほど古川さんが「アイデアが湧くキャラクターだ」と星野役についてお話されていましたが、みなさん役作りなどで意識したことはありますか?


板垣:僕は(あかりと恋に落ちる)17歳から4年後の21歳で、あかりと再会したときに人が完全に変わったように見せるということを意識しました。

古川:「圧倒的な大人としての余裕」を感じさせられるよう意識しました。ほかの人よりもそこが違うということを見せないと差別化ができないので、とにかく大人としての余裕がある、女性にも慣れてる、キスも余裕、みたいな感じにしようと。これは別に台本にあるわけじゃないんですけど、僕の中で意識したのは「とにかくエロい」ということ。性の対象として見られるぐらいエロさがあるというようなキャラ設定にしたいと思いました。


濱田:……エロかったです。


板垣:目がエロかった。目開くまでに何秒かかってんだよっていう(笑)。元々すごい姿勢がよくてすらっとされていて、立っているだけで美しい方なんですけど、歩き方も美しくエロかったです。

濱田:僕はまあ、2人とも裏設定が重いので。男性キャラクターの中で“光”になりたいと思いました。2人が「かっこいい」「エロい」できたので、「可愛い」よりで押していければいいかなと思いました。


板垣:ずっと現場で言われていたよね。「タッツーは可愛い」って。


濱田:(笑)本当に可愛がっていただきました。一生懸命さ、必死さを出して、母性本能をくすぐる感じを出そうと思いました。

橋本環奈は現場の太陽 クランクアップ後は「橋本環奈ロス」に

ーー古川さんは少しお兄さんですけど、同世代の方が多い現場でしたよね。現場の雰囲気はどんな感じでしたか?


板垣:愛し合っていました。


ーー(笑)それは誰と誰が?


板垣:僕らはやっぱりハグから始まるんで。


濱田:挨拶のハグね。


板垣:「やっと会えた!!」みたいな。でもそんな中でもやっぱ緊張感ありましたね。3人の男子があかりを取り合うというストーリーなので、僕らは仲良い役ではないんです。だけど実際には“裏の友情”があるので、バチッとした芝居がやりやすかったです。信頼して自分の想いをぶつけられる存在が1人いて、主演の橋本さんも年齢がそんなに離れているわけじゃないので演じやすかったです。

でも逆に、古川さんはめちゃくちゃ大人だから全部を受け入れてくれるんです。芝居を全部包み込んでくれる。「あ、はいはい。そういうのあるよね」みたいな、無限の落ち着き。現場でぶつかり合っているのもあれば、布団みたいな人も居て居心地がよかったです。


古川:そういうつもりはなかったですけど(笑)。みんなすごい可愛いなとも思いますし、この年代ですごくしっかり働いていて、環奈ちゃんも座長としてしっかりしていて、尊敬できるメンバーでした。現場の雰囲気もみんなワイワイ仲良くやっていて、スタッフさんもすごく熱量を持ってこの作品に取り組んでいるのが伝わってきました。そういう作品って必ず良い作品になるので、より気合が入りました。

ーー座長の橋本さんは現場ではどんな様子でしたか?


板垣:ずっとパワフルでした。


濱田:いつでも元気だった。


板垣:暗い顔を1回も見てないですね。常に元気。分け隔てなく誰とでも喋る。


濱田:本当太陽みたいな人でした。先にクランクアップされたんですけど、スケジュールの都合とかもあって。年末までに橋本さんがオールアップされて、年始に残りの撮影があったんです。もちろんみんな熱量はあるんですけど、「ちょっとなにか足りないな」みたいな想いはあったと思います。


板垣:笑い声が聞こえないっていう。


濱田:あの笑顔もう見れないんだっていう。橋本環奈ロスが現場の中で起こっていましたね(笑)。現場のみんなが橋本さんに恋をしていました。


ーーどういうところが素敵でした?


濱田:笑わせてくれるし笑ってくれるし、もうずーっと本当に楽しかったです。クランクインした瞬間からいじられました。初対面だったんですけど。その時にはもう瑞生と仲良くなっていて。


板垣:俺は初対面だとあまりしゃべれないんですけど、橋本さんはグイグイ来てくれるし、そのおかげもあって現場に馴染みやすかったです。みんなそうだったんじゃないかな。撮影が少し空いて久々に現場に戻ってきた人も、現場の雰囲気がいいから全然苦じゃない。そういう現場作りっていうのをやってくれてたから、本当に支えられました。


ーー劇中ではみなさんあかりに夢中ですが、リアルでの女性のタイプは?


板垣:包容力がある人、家事ができる家庭的な人がいいです。お味噌汁を作って欲しい。


古川:「ありがとう」と「ごめんね」をちゃんと言える人。これができない人だと多分ごちゃっとしたとき成立しないで別れちゃうと思うので。ちゃんと感謝の気持ちを伝えられる人がいいなと思います。


濱田:僕はもうオタクっぽいところがあって、ウルトラマンも大好きでゲームも大好きなので、そういう趣味を否定しない人と、ネガティブな価値観がいっしょの人がいいです。「こういうことなんだから察してよ」みたいな感じで怒るんじゃなくて、2人がいい意味で距離を置けるというか。例えばですけど、仕事頑張っているのに「頑張ってね」って言われると嫌みたいな。そういう“ここは触っちゃダメ”な区域みたいなのが近くにある人の方が円滑なのかなと思いました。ポジティブな価値観は合いやすいと思うんですけど、逆にネガティブな部分が合う方が上手くいくんじゃないかと思います。


『1ページの恋』は「純愛はこれだ!とパイ投げのごとく押し付けるような作品」(by濱田龍臣)

ーー最後に、作品の見どころをお願いします。


板垣: 1人1人の“純愛”というのが違っていて、1つのストーリーの中でメインキャスト1人1人の持っている役割が大きく違うんです。どの人間を追ったとしても共感できると思います。若者たちが恋愛しなくなってきたといわれる今の世の中に対して、一歩勇気を与えてくれる作品になればいいなと思って演じました。みなさんに勇気が伝われば、一歩前に出る力を届けられればと思います。


古川: 3人とも全然違うタイプの男性なので、見てくれる方が自分だったら誰がいいかななんて想像しながら観ていただけいても楽しいと思います。


濱田:僕らみたいな年代、中高生にとっては憧れられるような大道の恋愛ドラマ。30、40代の方には“純愛”とは何たるかを顔面にぶん投げてやろうみたいな作品だと思います。


板垣:顔面にぶん投げてやるの?(笑)


濱田:(笑)「純愛はこれだ!」とパイ投げのごとく押し付けるような作品になっていると思います!恋っていいなと思えるような作品になってると思うので、そこが見どころだと思います。


ーーありがとうございました!


ストーリー

 4年前の17歳の冬、水瀬あかり(橋本環奈)は家族旅行で訪れた宇木島で、民宿の息子・森田郁巳(板垣瑞生)に恋をした。4年に1度訪れるセレネ座流星群を見ながら2人はお互いの気持ちを確かめ合う。「一緒に見ような、4年後も。またここで」と再会を誓い、星空を見上げた。奇跡を感じた、初めての恋だった。だが4年後の流星群の日、あかりが約束の高台に赴くも、郁巳の姿はない。現れたのはカメラを持った星野有利(古川雄輝)で、泣いているあかりに寄り添い、突然キスを迫られる。警戒するあかりに星野は「恋愛なんて楽しければよくない?」と言い放つ。女性の扱いに慣れた遊び人タイプの男だが、どこか憎めない。


 小さい頃から絵を描くことが大好きだったあかりは、大切な思い出やその時感じた想いをスケッチブックに描き綴っていた。就活でなんとなくデザイン事務所を受けるも、具体的に仕事で何をやりたいのかがわからず苦戦する。そんな時、幼馴染の乾大和(濱田龍臣)は「ゆっくりでもいいから、本当にやりたいことを見つけていけばいいんじゃないか」とあかりを励ます。大和はあかりの良き理解者だった。奇跡を感じた初恋の相手・郁巳。女性の扱いがうまい大人な男性・星野。いつもそばにいて励ましてくれる幼馴染・大和。あかりが選ぶ運命の人は、果たして誰なのか? スケッチブックに描かれる『1ページの恋』の結末はーー。



テキスト:AbemaTIMES編集部

写真:野原誠治


(c)AbemaTV


▶︎橋本環奈主演「1ページの恋」は2月18日(月)23:00〜スタート!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000