祝!“もっこり大ヒット”に絶賛の声『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』週替り来場者特典の詳細も明らかに

 現在公開されている映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』が、“もっこり大ヒット”中。さらに今回、週替り来場者特典の詳細も決定した。

 原作の発行部数が全世界で5,000万部を超え、今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界の“レジェンド”『シティーハンター』が、2019年に長編アニメーション映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』として復活を遂げた。


 新宿を舞台にさまざまな依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽リョウ。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、無類の女好き。相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとするリョウを時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとしてリョウを支え成長していく。


 2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコミカルに描いた北条司による原作は1985年、「週刊少年ジャンプ」で連載開始。1987年にサンライズ制作でTVアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作を数える大ヒット作となっている。


 ついに2月8日、251の劇場で封切られた本作の興行成績は、2月9日、2月10日の2日間で観客動員数179,980人、興行収入257,118,420円、公開4日間(2月8日~2月11日)で観客動員数324,824人、興行収入451,596,920円を記録する“もっこり”大ヒットスタートとなった。


 なお、アニメ作品では週末興行収入ランキングも1位に輝き、昭和末期に始まった“シティーハンター伝説”が、平成が終わろうとしている現代で新たな伝説として再び輝きを放っている。


 SNS上でも本作の感想やコメントで盛り上がっており、「シティーハンター、めっちゃ良かった。冴羽リョウが、20年前と変わらずかっこいいし、スケベだし。気分は、90年代のガキンチョでした。」「シティーハンター面白かったぞ! 懐かしい曲のオンパレード キャストと曲だけで涙出るわ」といった往年のシティーハンターファンからも絶賛の声が上がっている。


 また、原作やアニメを観たことがないという人も多く劇場に足を運んでいる様子で、「ギャグにシリアスにアクションに盛りだくさんでした!原作やアニメはあんまり見たことない自分でも楽しめる作品、最高でした!」「シティーハンター全然見たことない自分でもめちゃくちゃ楽しめた」というコメントも多く寄せられている。


 さらに、映画レビューサイトでもYahoo!映画の5点満点中4.49点(2月12日現在)など非常に高い評価を獲得しており、今後より一層の口コミの広がりが期待できる。


週替り来場者特典の詳細が明らかに!“スペシャルトレーディングカード5枚セット”

 そして、週替り来場者特典の詳細もついに解禁。原作・北条司先生のイラストや『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』の場面カットからセレクトした絵柄のトレーディングカード5枚セットだ。


 第1弾は冴羽リョウ役・神谷明による直筆のサイン&コメント入りカードもあり、ファンにはたまらない特典となっている。週替り来場者特典は第1弾を皮切りに4週連続続く予定だ。


(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会


※冴羽リョウの「リョウ」は、遼のしんにょうがけものへん


続・ミュージックシティーハンター in AbemaTV 〜俺を呼んだのはアベマだろ?〜 #劇場版シティーハンター

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000