池江選手が白血病で「早期発見」強調も、東京五輪への影響は明言避ける 日本水泳連盟および所属先のルネサンスが会見で

 12日、競泳女子・池江璃花子選手(18)が、自身のTwitterで白血病であることを公表したことを受け、同日16時から公益財団法人日本水泳連盟と池江選手の所属先であるルネサンス株式会社の関係者が都内で会見を行った。


 ルネサンスの代表取締役社長・吉田正昭氏は「オーストラリア合宿中に体調不良を訴え、帰国後に検査受けたら白血病であると告げられました。1月18日から2月10日の予定でオーストラリアのゴールドコーストで行われた合宿に参加しておりました。練習中、何度か体調不良を訴えたために練習を切り上げ、予定より2日早い2月8日に帰国。帰国後に病院で検査を受けた結果、病気が判明しました。医師の判断により治療を直ちに開始するため、現在本人は入院中ですが、早期の発見ができたと聞いております。今後のことにつきましては、医師と相談のうえ決定していくことになります」と話し、早期の発見であったことを強調。さらに今後については「直近のコナミオープン、日本選手権は欠場することになる」と発表した。


 また吉田氏は2020年に迫った東京五輪への影響について「医師と相談の上、復帰の時期については改めてご報告させていただきたい」と話すにとどめた。


 池江選手本人は「未だに信じられず、混乱している状況」としながらも「日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたい」とコメントしている。(AbemaTV/AbemaNews)


▶生中継/日本水泳連盟の会見の様子はコチラ

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000