『リアルカイジGP』で1億円獲得の井門由美さん、カンボジアの宿泊部屋でハプニング「家具から大量発生」

 優勝賞金1億円をかけた、人生逆転リアリティーショウ『リアルカイジGP』(AbemaTV)で優勝を果たした井門由美さんが10日に自身のアメブロを更新。引っ越した部屋の家具からとあるハプニングが起こったことをつづった。

井門由美オフィシャルブログより


 井門さんは、昨年の6月29日にアメブロを開設。「今年3月~6月の約3ヶ月、様々なゲームに参加し 応募総数約3万5千人の中から優勝しました井門由美(いもんゆみ)と申します!」と自己紹介し、賞金の1億円の使い道については「カンボジアで栽培の研究をしたのちに畑仕事をしたいなと思っています!」と明かしている。


 そんな井門さんは現在、カンボジアの首都・プノンペンに渡り、目標の達成に日々奮闘している。この日の更新では、「昨日は朝 美容室へ行き」「夕方は、引越しでした」と現在宿泊中のホテル部屋を「隣の部屋へ」引越したことを報告。


 「私の部屋は、ずーっとアリ?が 家具から大量発生」とのことで、「何度も殺虫剤を撒いてくださったのですが 無限発生してしまいました」とハプニングを報告。「支配人さんとスタッフさんがすごく優しくて 駆逐するまで隣の広い部屋に住んでください!と言ってくださって甘えてしまいました」と述べた。


 ハプニングが起こったものの、井門さんは「ホテルとしてもとっても最高で」と絶賛している様子で、「前回友達が来た時もエミオンをオススメ」したといい、「満足していただけました 朝食最高!!」と嬉しそうにつづった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000