渡辺明棋王が連勝で7連覇に王手 王将との二冠へ“W王手”に/将棋・棋王戦五番勝負第2局

 将棋の棋王戦五番勝負第2局で、渡辺明棋王(34)が挑戦者の広瀬章人竜王(32)に119手で勝利し、同シリーズ2連勝を飾った。これで7期連続7度目の棋王位に王手をかけ、同時期に久保利明王将(43)に挑戦している王将戦七番勝負(現在3勝0敗)とともに二冠にあと1勝と迫る“W王手”になった。

 今年度好調の渡辺棋王は、今年度最多対局、最多勝利を誇る広瀬竜王の攻撃を耐え切ると終盤に反撃。見事に寄せ切り、連勝を飾った。これで渡辺棋王は、8つあるタイトルで、唯一複数冠を保持している豊島将之二冠(28)に続き、今年度2人目の二冠となる可能性が、かなり高まった。


 第3局は3月10日、新潟県新潟市の新潟グランドホテルで行われる。先手は広瀬竜王で、持ち時間は4時間。AbemTVではこの対局を終了まで生放送する。


(C)AbemaTV


▶【現在振り返り中】 第44期 棋王戦 五番勝負 第二局 渡辺明棋王 対 広瀬章人竜王

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000