「声優名鑑 女性編」掲載人数が847名に到達 18年前の約4倍に

 声優総合情報誌『声優グランプリ』(発行・主婦の友インフォス)の2019年版「声優名鑑 女性編」の掲載人数が、847名に到達した。

 TVアニメ・ゲームのキャラクターボイス、海外ドラマの吹き替えをはじめ、アーティスト活動、Webラジオのパーソナリティ、動画配信番組への出演など、活躍の場が増え続けている声優。


 同誌で「声優名鑑」が最初に付録になったのは今から18年前の2001年(平成13年)。当時の女性声優の掲載人数はわずか225名だった。しかし、平成最後の声優名鑑である「声優名鑑2019 女性編」では、掲載人数が847名に到達、実に4倍近くの飛躍的な増加を果たした。


 2月9日発売の最新号では、2019年版の「声優名鑑 女性編」が付録。オールカラー80ページで顔写真、代表作、誕生日、出身地、血液型、趣味・特技など、847名のプロフィールを網羅している。また『NHK紅白歌合戦』出場で話題となったAqoursメンバーや、人気ゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ』のアイドルたちも掲載。25年前、同誌創刊号の表紙を飾った声優・井上喜久子の娘である井上ほの花も初掲載されるなど、平成最後の声優名鑑にふさわしい、現在の声優業界のすべてが詰まった内容となっている。


 表紙・巻頭大特集には、今期注目を集めるTVアニメ『五等分の花嫁』から五つ子キャストの花澤香菜・竹達彩奈・伊藤美来・佐倉綾音・水瀬いのりが登場。 巻頭大特集は同誌過去最大級の28ページの大ボリュームで、グラビアとインタビューが掲載される。


▼声優グランプリ2019年3月号付録『声優名鑑2019』

(女性掲載人数 847名)

▼『声優名鑑2001』

(女性掲載人数 225名)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000