「家庭と仕事を上手に両立させられたら」小川アナが生放送で抱負 コメント欄には「がんばれー」と祝福の声

 一般男性との結婚を機に退社することが発表されたテレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが8日夜のAbemaTV『AbemaPrime』に出演、心境を語った。


 冒頭、「"茫然自失"のレギュラーの皆さんです!」と明るく番組をスタートさせた小川アナ。MCを務めるタレントの石井正則に「本当に驚きました。どうしたって触れないわけにはいかない(笑)」と促されると、視聴者に向け神妙な面持ちで次のように挨拶した。

 「お時間頂いて申し訳ありません。私事ではございますが、12年お世話になりましたテレビ朝日をこの度、退社することになりました。3月をもって『AbemaPrime』も卒業させていただくことになります。


 本当にわがままなことを申し上げますと、もっと早くにこの『AbemaPrime』という番組に出会えていたらどんなに良かったか、と思うくらい、共演させて頂いてる皆さん、スタッフの仲間たち、そして誰より温かく見守ってくださっている視聴者の皆様が心の底から大好きでです。だからこそ、テレビ朝日を離れるという決断は本当に簡単なものではなかったんです。けれども今後の人生をどう歩んでいくのか、そしてどうキャリアを積み重ねていくのか、自分の中で何度も何度も考えを重ねた結果、このタイミングで、公私共に新しい環境に身を置くという結論に至りました。


 今後のことについては、4月以降はフリーの立場で仕事を続けていけたらと、勝手ながら考えております。残り2か月弱ということになりますけれども、悔いのないよう、最後の日まで『AbemaPrime』を全力で駆け抜けてまいりたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします」。

 すると番組レギュラーのお笑いトリオ・パンサーの向井慧が「小川さんと結婚できる"一般男性"ってなんなんだよ!」と口火を切り、出演者たちからお相手についての質問攻勢が始まった。

 小川アナは照れながらも「もう本当に、一般の…(笑)」「年齢は私より1歳年上で、身長は私より大きいです…」「イケメンじゃないです、全然…」「(魅力は)ポジティブシンキングですかね」と丁寧に回答。それでも"昨年の春ごろ、後輩の紹介で知り合った"との説明に「テンプレートだなあ」とツッコミを受けると、「テンプレートな恋愛をしてるんですよ!(笑)」と反論していた。

 そして今後については「"結婚"ということになっていますけれども、結婚はこの先で、少しずつ準備を進めているところです。もうすぐ34歳になるんですけれども、結婚して、これから家庭を持って、子どもも授かれたらいいなって、色々思いを巡らす中で、たとえば子育てと仕事を上手に両立させて、なんとなくブレーキかけるのではなく、どっちにも全力で向き合える環境を見つけたいなと」と抱負を語っていた。

 AbemaTVのコメント欄には「おめでとう!」「自分を信じろ」「がんばれー」といった投稿が並び、放送が行われているテレビ朝日「けやき坂スタジオ」の外には「婚約おめでとう」というプラカードを持った視聴者も詰めかけ、祝福ムードに包まれていた。

 また、Twitterで話題になったキーワードを紹介する恒例のコーナーでは、自身の結婚に関する言葉が並んでいたことを知ると「忘れてた」とボソリ。さらにガールズバンド「the peggies」が番組主題歌の「明日」を生演奏で披露。「君と居たこと忘れない 忘れたくないよ 当たり前だろう」など、親しい人との別れを暗示する歌詞にしんみりしていたようだった。


 そして番組のエンディングでは、視聴者から寄せられた「あれ?まだデーモン小暮閣下のコスプレ見れてないんだけど…」「3月末までのアベプラでやりたいことは?」との質問に「じゃあデーモン閣下やります」と話していた。



▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

▶過去の『AbemaPrime』の映像はこちらから

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000