陣内智則、海外では語学堪能な妻がリード「僕ははにかんでるだけ」

 2月9日(土)よる10時~、AbemaTV(アべマTV)にて“新婚”観察リアリティーショー『いきなりマリッジ2』第2話が放送され、恋愛バラエティー番組『あいのり』に「嵐」のニックネームで出演していたヤスオが、モデルのエリカとタイ・プーケットへ新婚旅行に出発。堂々とした態度でリードし、同じく元『あいのり』メンバーの桃をはじめ、MC陣から高評価を集めた。

 本番組は、「m-gram」の性格診断やスタッフ面接、アンケート調査を基に選ばれた初対面の男女が新婚生活(同棲)を営み、30日間で本当の夫婦になるのか、別れを選択するのか、その一部始終に密着するリアリティーショー。陣内智則と小柳津林太郎(2代目バチェラー)がMCを務め、第2話は桃、アンゴラ村長(にゃんこスター)がゲストとして出演した。


 前回の放送で新婚生活をスタートさせた、エリカ(30歳、モデル/年収約400万)とヤスオ(35歳、カメラマン・DJ/年収約400万)。日本における新婚生活では、積極的なエリカに押され気味で、ヤスオがリードするような様子は見られなかった。だが、『あいのり』で海外慣れしているだけあり、旅先のプーケットでは本領を発揮。ホテルのフロントでも気後れすることなく現地のスタッフに英語で質問し、妻をリードした。

 その後、街を散策している際も、ヤスオは自ら先頭に立ってグイグイ進んでいく。バイクが行き交う道を横断する際に、エリカが怖がる素振りを見せると、ヤスオは「アジアは勢いで突っ込むパターンが正解」とアドバイスし、落ち着いて横断。スタジオのアンゴラ村長から「頼もしい」と声が上がった。さらに、夕飯の注文も率先してヤスオが行い、頼りがいのある一面を披露した。

 後のスタジオトークで、アンゴラ村長が「ヤスオさん、本領発揮するの海外なんだと思って」と感心した様子で話すと、桃も「旅めちゃめちゃしている人なので。現地人みたいな」と太鼓判。

 陣内は「急に頼もしくなったよね」とヤスオの変化に驚きつつ、自身は海外でリードするのが苦手であると打ち明け、「奥さんが英語喋れるから、はにかんでるだけ」と恥ずかしそうに笑った。

 一方、小柳津は海外でも「リードするのが好きなので」とのこと。他のMC陣から「さすがバチェラー」と憧れの眼差しを向けられると、「そこはかっこよくいきたいじゃないですか」と、バチェラーらしく胸を張っていた。

 異国の地で妻をリードし、評価を上げたかに見えたヤスオだったが、次週、エリカの不満が爆発し、ヤスオが涙する波乱の展開に…!?『いきなりマリッジ2』第3話は、2月16日(土)よる10時~放送される。


⇒【見逃し配信】初対面で運命の人?話したこともない人なのに幸せでした いきなりマリッジ2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000