TM NETWORK・木根、「Get Wild」MV撮影の過酷な舞台裏明かす「3人とも寝ていなかった」

 TM NETWORKの木根尚登が、大ヒット曲「Get Wild」について語った。MVでメンバー全員がサングラスをかけている理由を「3人とも寝ていなかった。目が腫れているから」とぶっちゃけた。

 2月7日にAbemaTV「みんなのアニメチャンネル」にて、翌日より「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」が公開されるのを記念したオリジナル特別番組「続・ミュージックシティーハンター in AbemaTV ~俺を呼んだのはアベマだろ?~」が放送された。


 ゲスト出演した木根は、「Get Wild」をきっかけにブレークを実感したそう。「Get Wild」の作詞で知られる作詞家でシンガーソングライターの小室みつ子が「その前の曲からキテたよ」と指摘したが、木根は、「みんなそう言うんだけどね。意外と3人とも『えっ、そう?』みたいな。『ミュージックステーション』に初めて出たときも、キャーッとなったけど、『絶対あれ少年隊のファンだ』って。全然信じられない」と張本人であるメンバーたちは妙に卑屈だったことを明かした。


 番組では、香港で撮影された「Get WildのMVも紹介された。メンバー全員がサングラスをかけて出演しているが、木根は、「3人とも寝ていなかった。目が腫れているから」と意外な理由をぶっちゃけた。「強行で行った。向こうでも2時間くらいしか寝てない。一日中撮って、そのまま帰ってきたから」と過酷な舞台裏を明かした。


 現在も高い人気を誇る「Get Wild」について、木根は、「コンサートやれば、みんな応援してくれるし、新しい人も『Get Wild』を知ってくれる。そう考えると、『シティーハンター』と『Get Wild』というのは、本当にものすごく大きいです」と語った。


▶【見逃し視聴】続・ミュージックシティーハンター in AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000