新婚生活2日目の初対面の夫婦、妻の手料理に喜ぶも夫の意外な本音「金銭感覚どうなのかな」

 2月9日(土)よる10時~、AbemaTV(アべマTV)にて“新婚”観察リアリティーショー『いきなりマリッジ2』第2話が放送され、新婚生活2日目に、妻・エリカが手料理を用意。夫・ヤスオはその場では喜んでいたものの、後に意外な本音を漏らす一幕があった。

 本番組は、「m-gram」の性格診断やスタッフ面接、アンケート調査を基に選ばれた初対面の男女が新婚生活(同棲)を営み、30日間で本当の夫婦になるのか、別れを選択するのか、その一部始終に密着するリアリティーショー。陣内智則と小柳津林太郎(2代目バチェラー)がMCを務め、第2話は桃、アンゴラ村長(にゃんこスター)がゲストとして出演した。


 前回の放送で新婚生活をスタートさせた、エリカ(30歳、モデル/年収約400万)とヤスオ(35歳、カメラマン・DJ/年収約400万)。結婚に対し、強い決意を見せていたエリカだったが、新婚初日の夜、ヤスオはこれまで女性と最長4ヶ月半しか付き合ったことがなく、さらには10年間彼女がいないことも発覚。恋愛に関するさまざまな質問を投げかけても、うまく会話が噛み合わず、不穏な空気が漂う展開になっていた。

 翌日午後5時、新居のキッチンには、ヤスオのために料理を作るエリカの姿があった。エリカは「旦那さんのために作っている意識があまりないです」と率直な心境を明かしつつ、「ちゃんと異性として意識しようと」と、前向きに話した。

 そんなエリカが初めての手料理に選んだのは、ハート形のハンバーグ。その他にも、おしゃれなサラダをはじめ、テーブルには豪華なメニューがずらりと並んだ。ヤスオは「10年振りくらいに手料理食べるかも」と、エリカの手料理に大喜び。ハンバーグを食べると「めちゃめちゃ美味しい」「お店以上」などと、絶賛した。

 「これが新婚か」と幸せを噛み締める、ヤスオ。だが、食事を終え、自室へ戻ったヤスオにスタッフが感想を求めると、ヤスオは「あんなにできるんだと思って」と、料理の腕前に感心しつつ「あんなん毎日やっていたら、どうなっちゃうんだろう」と苦笑いを浮かべた。

 さらに「あれが一般なのかな、みたいな。金銭感覚的にはどうなのかな」と、懸念を吐露。本心では豪華すぎる食事に、困惑している面もあったようだ。


 その翌日から、2人はタイ・プーケットに新婚旅行へ。異国の地で過ごす3泊4日の新婚旅行は、吉と出るか、はたまた凶と出るのか…。次週、新婚旅行中にエリカの不満が爆発し、ヤスオが涙を流す波乱の展開に!?『いきなりマリッジ2』第3話は、2月16日(土)よる10時~放送される。


⇒【見逃し配信】初対面で運命の人?話したこともない人なのに幸せでした いきなりマリッジ2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000