中間告白で大事件…女子2人は大号泣 スタジオメンバーも衝撃すぎて席を立つ「これ最終回?」『白雪とオオカミくん』第5話

 2月10日(日)よる10時~、AbemaTV(アべマTV)のAbemaSPECIALチャンネルにて、オリジナル恋愛リアリティーショー『白雪とオオカミくんには騙されない』第5話が放送され、中間告白でさなりが予想に反する女子を指名したことから、スタジオは騒然となり、さらに選ばれなかった女子が号泣するなど、波乱の展開となった。

 この番組は、本気で恋をしたい女子高生たちが、イケメン男子とデートを繰り返しながら恋に落ちて行くまでを追いかける恋愛リアリティーショー。ただし、男子の中には嘘をついたり、好きでもないのにちょっかいを出したりし、女子高生たちの恋を邪魔する“オオカミくん”が最低でも1人混ざっている。女子高生たちが真実の恋を掴み取るためには、“オオカミくん”が誰なのかを見極め、嘘や誘惑に惑わされないようにしなければならない。


 スタジオMCは横澤夏子、松田凌、Dream Amiの3人が務め、応援ゲストとして飯豊まりえ、M!LKの佐野勇斗が登場した。


 今シーズンは、女子5人、男子5人の男女同数で番組がスタート。女子は木内舞留(まる)、立木綾乃(あやの)、山之内すず(すず)、mihoro*、古田愛理(あいり)、男子は鈴木康介(こうすけ)、小西詠斗(えいと)、網代聖人(せいと)、池田翼(つばさ)、さなりの5人という顔ぶれだ。


 中間告白は、初めに女子が「オオカミくん投票」で脱落してほしくない男子にお守りを渡し、その後、男子が気になる女子を指名し、「自分はオオカミくんではない」と宣言する流れ。誰に「NOTオオカミ宣言」を行うのか、その動向に最も注目が集まっていたのが、すず、mihoro、あいりの3人が想いを寄せる、さなりだ。


さなりの選択にスタジオMC全員が立ち上がり衝撃…

 さなりは中間告白の前に、すず、あいりとそれぞれデートに行っていた。すずとのデート中、さなりは「あいりへの想いはない」と言い切ったものの、その後、あいりとのデートではあいりの髪に触れるなどし、良いムードに。中間告白の日を迎え、すず、mihoro、あいりの3人からお守りを受け取ったさなりは、誰を指名するのか、直前まで悩んでいる様子だった。

 さなりの告白は、男子5人の中で最後に行われた。女子は別室で待機し、1人ずつLINEで呼び出されるシステム。その際、誰から指名されたのかは、待ち合わせ場所へ行くまで明らかにならない。だが、さなりは5人目だっただめ、LINEが届いた時点で、さなりが誰を指名したのか、わかってしまう。スマートフォンを見つめるすず、mihoro、あいりの間に、緊張が走った。

 「5人目の男子は迷っています。もう少しお待ちください」というLINEが届いた後、ついにさなりが1人の女子を指名。さなりの元へ向かったのは、あいりだった。

 その瞬間、スタジオのMC陣は口々に驚きの声を上げ、衝撃のあまり全員が椅子から立ち上がる事態に。VTRを見終えた際も、Dream Amiは「これ最終回ですか?」と唖然としていた。

 一方、選ばれなかったすず、mihoroは号泣。こみ上げてくる涙を、何度も拭った。

 さなりはあいりと向かい合うと、「『太陽LINE』で呼び出してくれた時から少し気になり始めて、いつからか仕草、言動、1つ1つが全部かわいく思えてきて、いい意味で心が休まらないというか、ドキドキしているというか、そんな状態だった」と告白。

 自分が選ばれるとは思っていなかったというあいりは、「絶望感にあふれていたけど、嬉しかった」と笑い、2人は手を繋いで雪原を後にした。


つばさとせいとが指名したのは…

 さなり以外の男子の告白も、さまざまなドラマがあった。つばさは、あやのがこうすけに惹かれていると知りながら、あやのを指名。こうすけとあやのが話している姿を見て「悔しかった」と本音を漏らしつつ、「俺はそれで気が変わったとか、そういうのじゃないから。最初からずっとあやのしか見ていないっていうことを、ちゃんと伝えたい」と想いを伝えた。つばさの気持ちに気づいていなかったという、あやの。「聞けて良かった。ありがとう」と笑みを浮かべた。

 せいともまた、つばさと同じように切ない恋をしていた。せいとが指名したのは、さなりに想いを寄せる、あいりだ。せいとは以前、アトリエであいりと作業をしていた際に、mihoroを連れ出し、あいりとさなりを2人きりにするアシストをしたことがあった。せいとはその時のことを振り返り、「その時、実はあいりのことめっちゃ好きで、マジで後悔した」と本心を吐露。そして「もしあいりが気になっている人のところに行っても、俺は今日、絶対気持ち伝えるって決めていた」と、強い意志を示した。

みほろ だが、あいりの心が揺らぐことはなく、「本当に気持ちは申し訳ないのが大きい」と複雑な表情。あいりは「気持ち伝えてくれてすごい嬉しかったし、これからも色々ふざけ合ったりできたらいいなと思います」と、せいとからの告白に答え、何度も「ありがとう」と感謝の言葉を口にした。


えいとはまるの頬に手をそっと差し伸べ…

 3人目に告白したえいとは、直前のデートで手を繋ぐなどし、良い雰囲気になっていた、まるを指名。えいとは自分の気持ちが定まらず、まるに不安を抱かせてしまったことを謝り、「こんなにフラフラしていてダメな俺をずっと想ってくれているのも、まるちゃんしかいないと思う。俺はもうこの先不安にさせないし、させたくないから」と約束。

 「俺はオオカミじゃないから、これからも信じてください」というえいとの言葉に、まるは「もちろんです」と笑顔で返し、2人は手を取り合った。そして、えいとはまるの頭を優しくポンポン。さらに、愛おしそうに頬に触れて「信じてほしい」と繰り返した。


こうすけが一途な想いをぶつけるのは…

 そんなまるにもう1人、好意を寄せる男子がいた。こうすけはまるを呼び出すと、「俺の中ではブレスレットを渡した時から、まるちゃんのことがずっと気になっていたし、まるちゃんといる時が一番楽しいなって思った」と告白。だが、こうすけは、えいととまるが、互いに惹かれ合っていることもわかっている。

 ためらいながらも、まるが「すごい気持ちは嬉しいんだけど、ちゃんとこうすけくんのこと好きになってくれる人はいると思うのね。それは、まるじゃない気がするの。すごい有難いんだけど、ごめん」と本当の気持ちを伝えると、こうすけは「でも、自分の中で気が済むまで、好きでいたいって気持ちはあるから」と切ない笑みを浮かべた。


 こうすけのこの発言を、MC陣は大絶賛。後のスタジオトークで飯豊は「あの告白、かっこよすぎましたよね」と目を輝かせ、Dream Amiから「あの言葉、言えます?」と聞かれた佐野も「言いたい!すごい言いたい!」と興奮気味に話していた。


 中間告白を終え、メンバーたちの恋もいよいよ後半戦に突入する中、第5話放送終了後には「オオカミくん投票」と「落ちないで投票」が締切を迎え、ますます見逃せない展開に。涙の脱落となるのか、はたまた復活し、10人全員で最後の告白に臨むのか…。次週は脱落回の直前、「総集編&オオカミくんは誰だSP」と題し、2月17日(日) 22:00〜放送される。


⇒【見逃し配信】白雪とオオカミくんには騙されない♥#5 泣き虫を笑って… 涙の中間告白

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000