つるの剛士とナスD、意外な関係が明らかに!「急に肌の色が紫になって…」

 2018年の大晦日にテレビ朝日系地上波で放送された『大晦日!真冬の無人島で2泊3日0円生活バトルSP』。今回、AbemaTVでは地上波未公開シーンを大幅に盛り込み、10時間にわたって放送。よゐこ、吉田沙保里withBの戦いぶりを10時間の超拡大版でお届けした。


 よゐこがふと海を見ると、船が近づいてくるのが見えた。最初の“助っ人芸能人”として登場したのは、つるの剛士とダレノガレ明美だ。つるのは釣りコンテストを主催するほどの芸能界屈指の釣り好きで、ダレノガレも水泳が得意だという。


 しかし、つるのは「タイムリミットがある。釣れる時間が5時間ぐらいしかない。将棋の親善大使をやっていて、羽生さんと広瀬さんの将棋の対局がある。それの応援に行かなきゃいけない」とスケジュールが押していることを明かす。

 さっそく漁を開始する4人。二手に分かれ、つるの&有野ペアはさっそく釣りを開始した。

 昔から仕事でナスD(友寄ディレクター)と関わりがあったつるのは「いやー、それにしても友寄さんにはビックリしましたよ。ここ10年の間で。一緒にこの番組でロケしてたあの友寄Dが、急に肌の色が紫になってて。『ええ!』って。最初分からなかったんですよ、友寄さんって。ナスDナスDって何のことかな、と思ってたら『これ友寄さんじゃん!』って。ビックリした、ホント」と語った。

 釣りのポイントを変更した途端、いきなりつるのの竿にオビブダイがかかった。オビブダイは、肉質のいい白身魚。刺身や煮付けにすると美味しい。つるのは「もうここからは、爆釣です!」との宣言通り、メガネハギなどをガンガン釣っていく。

 メガネハギについて、つるのが「この馬面みたいなやつがいるってことは、結構頻繫に餌変えていかないと食われちゃうので。口が小さいじゃないですか。けっこう餌をついばんでくるんですよ。アタリ(魚が餌に食いついた時に伝わる振動)があまりないんで。この竿じゃアタリが取れない。浮きがボンって潜るまで待たなきゃいけないですね」と解説すると、有野は「すごい、よく知ってる」と感心していた。

 その後も、つるのはヤマブキベラやモンガラカワハギなどを次々とゲット。高価な観賞魚としても知られるモンガラカワハギの芸術的な模様を見たつるのは「箱根彫刻の森美術館じゃん!これ誰かの作品でしょ、描いて逃がしたんでしょ。草間彌生風の……」と興奮した。


 絶好調のつるのとは対照的に、有野は2時間経ってもなかなか釣れない。すると、潮の流れが変わったのか、水中に魚の群れが現れた。

 やっと一匹目をゲットした有野は「お恥ずかしいことに、(テンション)上がってますよ。ただ、上がってるのがバレると恥ずかしいなあ……」と照れながら喜んだ。その後も次々と釣り上げた有野は「めちゃくちゃうれしい!」と笑顔満面だった。

(C)テレビ朝日 (C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000