話し合いでペア決め…かのん×もか×カツ×まさきの四角関係が激化『ドラ恋2』act.10

 AbemaTVにて2月2日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.10が放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の前野朋哉、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。


 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、熊木陸斗(以下:りく/28歳)、七瀬公(以下:コウ/24歳)、兵頭功海(以下:カツ/20歳)、聖貴(以下:まさき/22歳)、花音(以下:かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下:ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下:さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下:もか/22歳)の男女8人。


 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。

 最後のオーディションのペアは、自分たちでの話し合いで決めることになったメンバーたち。りくとミケ、コウとさぶりんはお互いを指名し、決定。


 しかし、かのんともかはまさきを、まさきはもかを、カツはかのんを指名し、4人は話し合いでペアを決めることになった。

 カツは思いを寄せてきたかのんを呼び出し、2人っきりに。「俺がかのんちゃんとしたいって言ったら気遣っちゃうかなって思って」と自分がかのんとペアを組みたいと言うことで、かのんがまさきとペアを組むことを諦めてしまうのではないかと考えていたことを明かす。続けて、「思う存分、まさきくんに気持ち伝えてきて」「だから頑張れ!」と自分の思い以上にかのんに頑張ってほしいとエールを送った。

 カツの思いを受けたかのんは、もかと2人の話し合いへ。「まさきくんはすごいもかちゃんのことが好きなの。でも、譲れるほど弱い思いではない」とまさきの気持ちがもかに向いていると分かっていても、自身の思いが強いことをもかに伝える。すると、もかは「(まさきへの)自分の気持ちがかのんちゃんに負けてるなって思う」と納得。「かのんちゃんが組んでいい」と自ら身を引くことを選んだ。

 しかし、かのんはお互いを指名し合っているまさきともかの間を引き裂いて自身がまさきと組むことに複雑なようで、再び4人で話し合いをすることに。

 かのんは、悩みに悩んだ上で「もかちゃんとまさきくんが組むべきだと思う。2人が組んでも、わたしのまさきくんへの思いは変わらない」と自身の中で結論を出した。

 そんなかのんの意見を聞いたカツは、「それは納得いかない」「そんな気持ちで(自分とペアを)やったら絶対良い演技ができないし、主演も取れないと思う」と感情をあらわに。「それだったら俺は、もかさんとリベンジしたい」「まだリベンジしたいって気持ちがあったほうが取れる気がする」と意見。もかも「カツくんとリベンジしたいって気持ちもある」と同意し、結果、まさき&かのん、カツ&もかがペアとなった。

 その後、それぞれのペアは台本なしの“エチュード”でのオーディションに挑戦。即興で考えた設定の上で、自分たちなりの演技をして見せた。


 オーディションを終えると、先生からは「今回の主役は自分たちで決めること」と告げられる。さらに、今回はペア関係なく、女性の主役は女性が、男性の主役は男性が決めるとのこと。

 これには、スタジオの福徳と前野は「(カツとかのんが選ばれたら)一発逆転あるよ」とカツ&かのんが選ばれ、かのんが最後の最後で再びカツを好きになることを期待。一方で、渡辺と谷は「好きだったからこそ嫌だなと思う気持ちも勝っちゃう」「一回冷めたら終わりです」と女子目線でかのんの気持ちを代弁した。


 メンバーの票を集め、主役を勝ち取るのは一体誰なのか?『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.11は2月9日(土)よる11時より放送


(c)AbemaTV

【無料配信中】恋愛ドラマな恋がしたい2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000