ミケ、りくの急な呼び捨てに大照れ『ドラ恋2』act.10

 AbemaTVにて2月2日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.10が放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の前野朋哉、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。


 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、熊木陸斗(以下:りく/28歳)、七瀬公(以下:コウ/24歳)、兵頭功海(以下:カツ/20歳)、聖貴(以下:まさき/22歳)、花音(以下:かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下:ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下:さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下:もか/22歳)の男女8人。


 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。


 最後のオーディションのペアは、自分たちでの話し合いで決めることになったメンバーたち。お互い思いを寄せ続け、前回、初めて主役を勝ち取ったりくとミケはもちろんお互いを指名し、ペアを組むことに。

 話し合いの際、りくが一番に「俺、ミケと組みたい」と発言したことについてミケは悶絶。さらに「なんで呼び捨て?いつから呼び捨てでしたっけ?」と呼び方も“ミケちゃん”から“ミケ”に変わっていたことにも大照れしていた。

 その後、エチュードでのオーディションでも2人は息の合った演技を披露。可愛らしいコント風の演技に、スタジオの渡辺は大爆笑だった。

 そんなオーディションの結果は、ペア関係なく、女性の主役は女性が、男性の主役は男性が決めるとのこと。メンバーの票を集め、主役を勝ち取るのは一体誰なのか?『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.11は2月9日(土)よる11時より放送だ。


(c)AbemaTV

【無料配信中】恋愛ドラマな恋がしたい2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000