さぶりん&コウが仲直り オーディションで思いをぶつける!『ドラ恋2』act.10

 AbemaTVにて2月2日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.10が放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の前野朋哉、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。


 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、熊木陸斗(以下:りく/28歳)、七瀬公(以下:コウ/24歳)、兵頭功海(以下:カツ/20歳)、聖貴(以下:まさき/22歳)、花音(以下:かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下:ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下:さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下:もか/22歳)の男女8人。


 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。

 最後のオーディションのペアは、自分たちでの話し合いで決めることになったメンバーたち。中間告白で、別の人とペアを組みたいと考え、気になっていたさぶりんに告白をせずに、さぶりんを傷つけてしまったコウは「俺は佐分利とやりたい」と改めてさぶりんを指名。さぶりんは、「傷つけられたけど、なんか気になっちゃう」「もう一回信じてみようって思います」とコウの思いに応えてもう1度ペアを組むことを決めた。

 その後、エチュードでのオーディションの芝居でコウに告白をされたたさぶりんは、「わたし怒ったりするのが苦手で。でも初めて、コウくんにたいしては怒りってものがあったの。そういう感情を引き出してくれたコウくんには今思うとすごい感謝してる。よろしくね」と本心を交えた言葉で返答。

 2人の思いが込められた演技には、スタジオメンバーも「2人ともいい!」「ありのままの2人だった」と大絶賛だった。


 そんなオーディションの結果は、ペア関係なく、女性の主役は女性が、男性の主役は男性が決めるとのこと。メンバーの票を集め、主役を勝ち取るのは一体誰なのか?『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.11は2月9日(土)よる11時より放送だ。


(c)AbemaTV

【無料配信中】恋愛ドラマな恋がしたい2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000