グラドル・わちみなみ、センター試験の採点結果を発表!

 1月29日、『ドラゴン堀江』(AbemaTV)が放送された。高校3年生の夏の時点で“F判定”だったにも関わらず、東京大学文学部に現役合格を果たした堀江貴文が、売れずにくすぶっている若手タレント3人をわずか半年間で東京大学に合格させるべく奮闘する、型破りな“ガチ受験ドキュメント”だ。

 センター試験が終了し、最強講師陣の大島育宙(XXCLUB)とたくみは4人の答案を採点。まずはグラビアアイドルのわちみなみが面談をすることに。


 試験の内容に納得がいかず目に涙を浮かべるわちに、大島は1科目ずつ点数を告げる。その結果は英語:159点、国語:137点、数学:130点、理科:77点、社会:123点で、900点満点中626点、正解率は69.6パーセントとなった。

 この結果を受け、大島は「ここから記述力を上げていけば、実は4人の中で二次で一番はねそうな感じがする」と“伸びしろ”があることを告げると、たくみも「信じてるんで」と励まし、わちは「頑張ります、マジで」と奮起する。


 ここで東大二次試験に向けて、どこに出願するべきか決断をすることに。大島は「普通に例年の文3だったら足切りになっちゃうかなっていう点数ですけど、文1だったらいけると思うんで、文1に出しませんか?」と文科一類への出願をを勧める。

 これに、わちは「普通にそれしかもうない」と腹を決め、たくみは「二次(試験)で大逆転しましょう」とエールを送った。


(C)AbemaTV


▶︎【無料配信中】ドラゴン堀江 第12巻「運命のセンター試験 自己採点」

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000