堀江貴文ら受験者たちのセンター試験採点で、講師陣が驚愕「ノーミス!?」「こんな受験生いない」

 1月29日、『ドラゴン堀江』(AbemaTV)が放送された。高校3年生の夏の時点で“F判定”だったにも関わらず、東京大学文学部に現役合格を果たした堀江貴文が、売れずにくすぶっている若手タレント3人をわずか半年間で東京大学に合格させるべく奮闘する、型破りな“ガチ受験ドキュメント”だ。

 1月20日のセンター試験終了後に、堀江を含めた4人の受験者たちの答案を採点した最強講師陣の大島育宙(XXCLUB)とたくみ。


 すると、大島が採点していた答案用紙を見て、たくみが「第3問以下ノーミス!?」と驚愕。大島も「意味が分からん、何だこれ、こんな受験生いないですよ(笑)」と困惑するほどだった。

 採点を終え、グラビアアイドルのわちみなみが面談をすることに。感触を聞かれると「多分よくないと思うんですよね、すごい緊張しました」と表情を曇らせる。


 さらに「昨日めちゃ泣きました」と、わちは不安から涙していたことを告白。目には涙が浮かんでおり、「また泣いてるみたいに言われる、ヤダ」と目元をぬぐった。

 わちは「受験で失敗した人たちが『受験時代思い出しました』『夢を見させて下さい』っていうの(メッセージ)がめっちゃ来てて、これでセンター突破さえできなかったら、本当にやってる意味もないしと思って」と胸の内を明かしていた。


(C)AbemaTV


▶︎【無料配信中】ドラゴン堀江 第12巻「運命のセンター試験 自己採点」

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000