名人挑戦は羽生九段か、広瀬竜王か、豊島二冠か 三つ巴の順位戦A級 明日31日に8回戦 ファン54%が羽生九段支持

 将棋の佐藤天彦名人(31)への挑戦権を争う順位戦A級が、いよいよ佳境を迎えている。残すところ明日1月31日の8回戦、3月1日に行われる9回戦の2戦を残すのみ。昨期は史上最多6人によるプレーオフの末、羽生善治九段(48=当時竜王)が挑戦権を獲得したが、今期は羽生九段、広瀬章人竜王(32)、豊島将之二冠(28)の3人に絞られている。

 羽生九段は昨年12月、タイトル通算100期を目前にして、広瀬章人竜王に敗れ、大記録の達成はならず、一転27年ぶりの無冠となった。タイトル復帰、さらにタイトル100期を達成するために、最も近い距離にいるのがこの順位戦だ。その羽生九段から奪取し、初の竜王となった広瀬竜王は、ここまで今年度の対局数(52局)、勝利数(39勝)で全棋士トップの成績を残しており、初の名人挑戦を目指している。豊島二冠は、確固たる実力を持ちつつタイトルに縁がない“無冠の帝王”の時期が続いていたが昨年、羽生九段から棋聖位を奪取すると、続けて王位も獲得。現在、唯一の複数冠保持者になっている。豊島二冠も名人挑戦となれば、初だ。


 今期の順位戦A級は、この3人が6勝1敗で並び、三つ巴の戦いを繰り広げている。明日31日に羽生九段と豊島二冠が直接対決。広瀬竜王は深浦康市九段(46)と対戦する。また最終9回戦では、羽生九段と広瀬竜王が直接対決し、豊島二冠は久保利明王将(43)と対戦する。羽生九段は2連勝すれば8勝1敗で文句なしで、2期連続の挑戦権獲得。広瀬竜王と豊島二冠は、それぞれ2連勝すると8勝1敗で並ぶことになる。また3人が1勝1敗した場合は、7勝2敗でプレーオフとなり、まず広瀬竜王と豊島二冠が対戦、この勝者が羽生九段と対戦することになる。広瀬竜王または豊島二冠が2連勝し、どちらかが1勝1敗または2敗の場合には、2連勝した棋士の挑戦権が決まる。


 AbemaTVが事前にアンケートを行ったところ、1321票の回答が集まり、挑戦権獲得者に羽生九段としたのが54%と1番人気に。次いで豊島二冠の31%、広瀬竜王の15%となった。20代、30代、40代という各世代のトップ同士の三つ巴だけに、この2日間は多くの注目が集まりそうだ。


◆現在の成績


6勝1敗 羽生善治九段、広瀬章人竜王、豊島将之二冠


◆今後の対戦予定


8回戦 羽生善治九段(先手) 対 豊島将之二冠(後手) 広瀬章人竜王(後手) 対 深浦康市九段(先手)


9回戦 羽生善治九段(後手) 対 広瀬章人竜王(先手) 豊島将之二冠(先手) 対 久保利明王将(後手)


◆残り2戦を終えての挑戦権の可能性


羽生九段が2連勝で8勝1敗 → 広瀬竜王、豊島二冠いずれも2敗となるため、羽生九段の挑戦権が確定。


広瀬竜王、豊島二冠が2連勝で8勝1敗 → 羽生九段は3敗で脱落。2人によるプレーオフ。


広瀬竜王または豊島二冠が2連勝し、もう一方が1勝1敗または2敗 → 2連勝した棋士が8勝1敗、他の棋士は2敗以上になるので2連勝した棋士が挑戦権獲得。


羽生九段、広瀬竜王、豊島二冠が1勝1敗 → 7勝2敗で3人によるプレーオフ。広瀬竜王と豊島二冠が対戦し、その勝者と羽生九段が対戦、勝者が挑戦者に。


(C)AbemaTV


▶1/31(木)9:50~ 第77期 順位戦 A級 第8回戦 豊島将之二冠 対 羽生善治九段

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000