GACKT、京本政樹に翻弄される 「同じジャンル」発言に驚愕

 歌手のGACKTと京本政樹が28日、都内で行われた映画『翔んで埼玉』(2月22日全国公開)のジャパンプレミアに二階堂ふみ、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、武内英樹監督らと参加した。

 本作で初対面した京本についてGACKTは「京本さんのメイクさんとは交流があり、昔から話は聞いていたけれど、実際にお会いするのは初めてで楽しみにしていた」と期待していたそうだが「挨拶のために楽屋を尋ねたら、『やっと会えたね~!』と言われて『だってさ、同じジャンルじゃん!』と。そこでボクから出たのが『同じですか!?』だった」と苦笑い。その反応に心外と京本が「だってさ、どこに行ってもGACKTと比較されるんだよ?そういう意味!」とまくしたてると、さすがのGACKTも「そうですか…」と言葉に詰まっていた。

 さらにGACKTは撮影を回想して「京本ワールド、ヤバイ!」と訴え「京本さんが長いセリフで止まると、ADの方が合いの手を入れる。すると京本さんは『あ~っ!これは間なだよ!』と言う。でもそれを聞いて僕とふみちゃんは絶対に間じゃないと思う」と京本メソッドに驚愕。一方、二階堂は京本をはじめ個性豊かな俳優陣集結に「皆さんがそれぞれの星から地球にガッ!と集まってブワーッ!とやって来てブワーッ!と一斉に帰ったような現場という体感があった」と独特に表現し「だから今回の現場中は、自分が一番まともだと思いながら、ちゃんと私がしっかりやらなければという気持ちでやっていた」と座長としての責任感を口にしていた。


 漫画家・魔夜峰央による、埼玉県人ディスリギャグ漫画を二階堂ふみ&GACKTのW主演で実写映画化。アメリカ帰りの帰国子女で東京都民の高校生・麻実麗(GACKT)が、埼玉解放戦線のメンバーとして埼玉県人の自由と誇りを手にするべく、関東一帯を巻き込んだ戦いに挑む。

テキスト・写真:石井隼人

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000