羽生善治九段、本戦1回戦で敗退…一般棋戦の最多優勝も持ち越しへ/将棋・朝日杯

 将棋の朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント4日目が1月28日に行われ、羽生善治九段が1回戦で千田翔太六段に116手で敗れた。過去11回行われた同棋戦で5回優勝したことがある得意の早指し棋戦だったが、2016年度の最多対局賞・最多勝利賞に輝いたこともある24歳の千田六段との初対局で痛い敗退。大山康晴十五世名人と史上1位タイとなっている一般棋戦優勝44回の更新は、持ち越しとなった。

 タイトル通算99期を誇る羽生九段だが、一般棋戦でも史上最多タイの優勝44回。昨年、同棋戦では準決勝で藤井聡太七段(当時五段)に敗れていた。朝日杯は過去11回で複数回優勝したのは羽生九段だけで、過去には3連覇を達成したこともあった。


 羽生九段の次の対局は31日に控える順位戦A級。佐藤天彦名人への挑戦権を争う豊島将之二冠との直接対決となっている。


(C)AbemaTV


▶【現在振り返り中】 独占!第12回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント羽生善治九段登場!3局一挙放送

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000