第二の“菊地亜美”候補? ドッキリでオリコン1位経験の元アイドルに隠れた才能が発覚!

 地上波放送時にも話題になった『悩める前職:アイドルちゃん~アイドルやめて何するの?~』が、AbemaTVのバラステ枠(毎週日曜よる放送中)で放送された。

 悩める元アイドルたちに“憧れのセカンドキャリアを持つ先輩”についてアンケート調査を行ったところ、元アイドリングの菊地亜美の名前が目立った。そこで番組では急きょ「第二の菊地亜美を探せ!」の企画を実施。“ドッキリのリアクション女王”の異名を持つ菊地にちなんで、元アイドルのリアクションを勝手に検証する。


 ドッキリの標的になった元「PASSPO☆」の岩村なちゅ。2018年に解散した「PASSPO☆」は、菜々緒や中村アンなどを輩出する芸能事務所「プラチナム」に所属するCA(キャビンアテンダント)をコンセプトにしたグループ。デビューシングルは、アイドルグループとして初のオリコンチャート1位を獲得している。

 ドッキリで偽の女性ファン2人組から写真をお願いされた岩村は、写真撮影中に突然クラッカーを鳴らされ「何!?」と目を丸くして終了。

 スタジオでリアクション見た番組MCのサバンナ・高橋は「弱いな〜」とダメ出し。

 ドッキリを明かされた岩村は「誕生日かなと思ったけど、誕生日夏だし……」と天然発言。ドッキリの女性ファン2人組は実際、本当の「PASSPO☆」ファンであり、女性の一人が「ホントに好きだったんですよ」と言うと、岩村は「これも絶対ウソ!」と疑う。


 スタッフが「本当ですよ! 撮影する前から言っていました」と補足すると、岩村は安心したのか「うれしい!」と笑顔。女性ファンが「本当です。サインお願いします」と言ってペンと色紙を渡してくる。岩村が「じゃあ……」とサインしようとするが、渡されたペンは電流が流れる“ビリビリペン”。

 すっかり安心していた岩村は「ギャー!」と叫んでひっくり返り、パニックに。第二の“菊地亜美”候補として隠れた才能が発見された。サバンナ・高橋からも「いいリアクション!」と初の褒め言葉。続けて「テレビの前の皆さん、パチンコ営業中にビリビリペンはやめてあげてくださいね」と、パチンコ営業が多い岩村を気遣った。

 番組はAbemaビデオ(期間限定・無料)で視聴が可能だ。


元アイドル、パチンコ営業で稼ぎまくる! 金額に一同騒然…▶︎動画はこちら(無料・31分ごろ〜)

(C)テレビ朝日 (C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000