元アイドル、YouTube界で活躍する女子高生社長になっていた「趣味は仮想通貨」

 地上波放送時にも話題になった『悩める前職:アイドルちゃん~アイドルやめて何するの?~』が、AbemaTVのバラステ枠(毎週日曜よる放送中)で放送された。

 当番組は、卒業・解散したアイドルたちの“その後”を一緒に考えるバラエティー番組。2018年に解散したアイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」は、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の劇中歌「暦の上ではディセンバー」を実際に歌っていたアイドルグループ。紅白にも出場実績がある。


 また、同じく2018年に解散した「PASSPO☆」は、菜々緒や中村アンなどを輩出する芸能事務所「プラチナム」に所属するCA(キャビンアテンダント)をコンセプトにしたグループ。デビューシングルは、アイドルグループとして初のオリコンチャート1位を獲得している。

 元ベイビーレイズJAPANの高見奈央は「(解散して)ひとりになるって決まってから、何か特技や趣味を見つけたいなと思って、麻雀教室に通い始めました。AbemaTVさんでもチャンネルがあったりするので」と地道な努力を明かす。


 サバンナ・高橋は「そういうのも偉いな。嗅覚というか。『今、AbemaTVでリーグ始まったぞ。藤田社長が金払いいらしい。よーし、行っちゃえ、麻雀教室!』みたいな? それ、大事だよね」と感心していた。

 一方、元PASSPO☆の森詩織は「スポーツがもともと得意なので、ゴルフを始めました」と告白。話を聞いていたサバンナ・高橋は「たしかに、ゴルフは専門チャンネルもある。ゴルフをやっている女の子が意外と少ないから、叙々苑カップに呼ばれる女子がすごい少ない。あそこの枠が空いているって、俺、聞いたことある」と“耳より情報”を提供した。

 元「ぷちぱすぽ☆」の八木ひなたもちょっと変わったセカンドキャリアを歩んでいるという。PASSPO☆プロデュースによる妹分ユニットとして2015年にスタートした、ぷちぱすぽ☆。現在は解散し、八木は「なんきんペッパー」というiTuber(アイドル兼ユーチューバー)として活動中だ。八木はグループで設立した会社の代表取締役社長を務めており、女子高生4人で活動している。

 iTuberだけでなく、趣味で「仮想通貨もやっている」と話す八木。八木は「今は未成年でも買えるので。今は損してるんですけど、毎月お小遣いの1万円を入れている。売らずに貯めている」という。

 元ベイビーレイズJAPANの高見は「5人グループだったのですが、最年少の“りおトン(渡邊璃生)”という天然で不思議な子がいた。でも、話さないと“天然”って分からないので、『肩に猫のぬいぐるみ置こうか?』とか『白塗りにしてみようか?』とかキャラづけに困っていました」とアイドル事務所スタッフの苦労を告白。

 さらに高見は、隣に座っている元ベイビーレイズJAPANの“りこぴん”こと大矢梨華子にも言及。高見が「りこぴんはずっと黒髪ツインテールだった」と説明すると、現在は明るいブラウンのボブカットになっている大矢は「初めはアイドル=ツインテールという浅はかなイメージがあったから、これでいこうと思っていた。でも、やっぱり20歳をすぎてくるとちょっと抵抗が出てくる」と葛藤を明かした。


 番組はAbemaビデオ(期間限定・無料)で視聴が可能だ。


元アイドル、パチンコ営業で稼ぎまくる! 金額に一同騒然…▶︎動画はこちら(無料/31分ごろ〜)

(C)テレビ朝日 (C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000