これぞ高須流!高須克弥院長、贔屓の力士が額7針縫うけがに「いくらでも整形してやると言った」

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、大相撲で贔屓にしている前頭十一枚目・勢(伊勢ノ海)が初場所初日に額を切って7針縫った際「おでこが壊れても、いくらでも整形してやると言った」と、美容整形外科ならではの言葉を送ったことを明かした。

 1月27日、AbemaTVの相撲中継にゲストとして出演した高須院長は、懸賞を5本かけた勢の取組が近づくと、テンションが一気にアップ。勢は初日に前頭十二枚目・輝(高田川)との取組で額を負傷、二日目からは3連敗するなど苦しい場所となったが、最終的には9勝6敗で勝ち越した。「よく持ち直しました。このままズルズルいったら、見放そうと思っていました」と語ると、今でも絆創膏をしている額の傷について「おでこが壊れても、いくらでも整形してやると言ったんです。おでこは縫っても縫わなくてもどうにでもなるんですけどね」と語った。なお、格闘技のリングドクターも務めた経験がある高須院長は、ホチキスで傷口をふさぐ方法をとっていたという。


 またこの日は、お目当ての1人だった横綱・白鵬(宮城野)が休場。左膝の手術で先場所を全休、今場所も10連勝から3連敗し休場しただけに「膝がね。まだ筋力が回復していない。もう1場所休んでいたら」と、万全での復帰ではなかったと分析していた。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】 【クライマックス】大相撲LIVE 初場所(幕内)15日目[千秋楽]

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000