173キロ・琴奨菊が転がってきた! まさに“肉弾”大型力士に行司も視聴者もヒヤリ

<大相撲初場所>◇千秋楽◇27日◇東京・両国国技館

 前頭四枚目・琴奨菊(佐渡ヶ嶽)と前頭十四枚目・千代翔馬(九重)の一番で、行司の木村晃之助が、173キロの琴奨菊の“肉弾”を受け、あわやケガかという状況に見舞われた。

 琴奨菊が鋭い攻めで千代翔馬を攻め立てると、千代翔馬は寄り倒される寸前に、逆転を狙った投げ。勝敗は寄り倒しで琴奨菊が勝ったが、この投げで173キロの体が転がってきたところに、ちょうど晃之助が立っており、まさに“肉弾”を両足で受け止めるような格好になった。


 これには、中継していたAbemaTVの視聴者からも、コメント欄で「こーのすけ、大丈夫!?」「あぶない」といった、心配をする声が聞かれていた。晃之助は、その後何事もなかった様子で、無事に済んだようだ。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大相撲LIVE 初場所(幕内)15日目[千秋楽]

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000