『恋ステ』#3東京女子×北海道男子編 手つなぎ2ショット連発で焦る女子が涙「何もしてない…」

 1月22日よる10時~、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティショー『恋する♥週末ホームステイ』(通称『恋ステ』) のシーズン7、#3が放送。番組史上最速での追加メンバーとして男子高生が登場し、女子の注目を一気に集めた。

 『恋ステ』の舞台は2か所。「東京の女子高生が北海道の男子高生の元へ週末ホームステイ」「関西の男子高生が博多の女子高生の元へ週末ホームステイ」という、現役高校生男女2つのグループの恋愛模様を追ったリアリティショー。高校生たちが会えるのは3回の週末2日間、合計6日間だけ。それまでに彼らは恋に落ちるのか? ピュア恋見届け人はゆいP(おかずクラブ)、工藤大輝(Da-iCE)だ。


 東京女子×北海道男子編では、女子が明るさが取り柄のおてんば娘・永田杏(ながた・あん/高3)、恋にオクテな慎重派・佐野愛花(さの・あいか/高3)、好奇心旺盛なクォーター女子・マリア愛子(高1)。男子は高身長色白の爽やかイケメン・岩田樹(いわた・たつき/高2)と恋に不器用なマイペース男子・田家柊太朗(たや・とうたろう/高3)。


夜景のなか、手つなぎ2ショット連続

 前回、とうたろうに対し、手をつなぐシチュエーションを女子が妄想する“きゅんきゅん選手権”を開催するなど、男女ともに積極的な姿勢をみせているシーズン7。

 今回は、函館名物の夜景鑑賞へ。100万ドルの夜景と称される世界三大夜景、函館山では、ロープウェイで山頂へ。澄んだ夜の空気に広がる光と海のコントラストに歓声が上げるなか、マリアが動いた。女子からの指名で2ショットになりたいというもので、マリアとあんはとうたろう、あいかがたつきを指名した。

 マリアは第一印象がとうたろうくんだったことを伝え、とうたろうも手つなぎ選手権ではきゅんきゅんしたことを振り返りながら、「寒いね」と話をふった。これにマリアは「うん超寒い。手つなぎたい」と手つなぎ選手権の再現で返し、とうたろうも「いいよつなごう」と応えた。さらにマリアはつないだ手を一緒にとうたろうのポケットに入れ、幸せに浸る。

 あいかもたつきに「第一印象だった」といい、「手冷たい、寒い。手…冷たい」と訴え、察したたつきが「つなぐ?」とあいかの手をとった。しかしたつきの手が思ったより冷たく、「俺の方が冷たいでしょ」と笑い合う2人。

 マリアに代わって、とうたろうと2人になったあん。あんは「(手つなぎ選手権で)一番になったから、ご褒美ください」とおねだりし、とうたろうも「明日、俺から2ショット誘うわ 一番最初にね」と約束したが、この後波乱が待っているとは知らなかった。


“出遅れた”女子が涙 「何もしてない…」

 2日目の朝、函館朝市のなかにある食堂で海鮮丼を食べながら、あいかが昨晩のことについて「どうだった?」と質問。するとマリアがあいかたち自身はどうだったのか尋ね、さらにあんが「なんかした?手つないだとか、ハグしたとか」と問うと、顔を見合わせるあいかとたつき。

 たつきが「まあ…ね」とうなずき、あいかは「手つないだ」と告白。「そっちは?」というあいかの質問に、マリアも「手つないだよね」ととうたろうの方を見て回答。とうたろうは「つなぎはした」「きゅんきゅんさせていただきました」と応え、複雑な表情になるあん。そしてあんは、「何もしてない…」と言葉につまり、涙目になっているかのような表情に。しかしすぐさま首をふり、「なんでもない。(わさび)辛いなあ、って」と強がった。

 続いて函館市熱帯植物園へ。ワイワイ言いながら外へ出てみると、1人の男子が……。史上最速、2日目での追加メンバー登場だ。現れたのは、笑顔が無邪気なクール系男子の高3、笠井琉貴(かさい・るきや)。フランクな語り口に女子の口もなめらかで、ポケットからふうせんを取り出すと、特技であるバルーンアートを実演。あっという間に犬を作り上げ、一気に女子の関心を自分に向けると、「欲しい!」と言ったあんにバルーンアートをあげた。

 また、好きな人は決まっているのかというるきやの問いに、あいかは「結構決まってきてる。まだわからないけど」、マリアは「決まってる」、あんは「決まってないです。今自分の気持ち捜索中なんで」と答えた。


 次回、あいかとるきやが2ショットで恋人つなぎをしているところにあんとたつきが現れ、それぞれの想いが入り乱れる予感…。あいかが流した涙の理由は!? 恋ステ史に残る修羅場が繰り広げられるシーズン7、#4は1月29日(火)よる10時~放送。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】#3冬だから。夜景デート、手つなぎinポケット 恋する♥週末ホームステイ

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000