「先ばかり見ても足をすくわれる」亀田和毅、統一戦、その先の井上尚弥戦も視野に虎視眈々

 昨年11月にアビゲイル・メディナ(スペイン)とのWBC世界スーパーバンタム級暫定王座戦に勝利し、WBO世界バンタム級に続いて2階級制覇を達成した亀田3兄弟の三男・亀田和毅(協栄=27)が13日、都内で取材に応じ、2019年の抱負、さらにはファンの間で実現が期待される現WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋=25)との一戦までを語った。


 2015年9月にWBA世界バンタム級に挑戦して以来、約3年2カ月ぶりとなる世界戦でボクシング史上初となる「3兄弟での2階級制覇」を達成した和毅。亀田家の悲願を成し遂げてから2カ月が経過した今、「練習は既に再開している。昨年の世界戦後、メンタルの落ち着きを取り戻すことができたので、これからはいい戦いをすることができる」と心境の変化に触れ、今後の戦いに向けて確かな手応えと自信をのぞかせた。


 そのうえで2019年の目標に兄弟で誰も成し得ていない“統一王者”を掲げると「自分はまだ暫定チャンピオン。まずは正規のチャンピオンを倒して、真のWBC王者になって、WBCの王座統一その後、他団体王者に勝って統一王者になりたい戦に臨みたい」と話した。しかし、その難しさは誰よりも理解しているようで「目標は目標だけど、先ばかり見ていても足をすくわれる。まずは与えられた試合を一戦一戦、大事に戦っていくことが重要」と謙虚に付け加えることも忘れなかった。


 このように“地に足がついた”話しぶりには、ある苦い経験が影響を与えていると和毅は続ける。


 「アメリカで2連敗してから、およそ3年間は心のどこかに常に乱れがあった。ただ先ほども話したように、昨年末の勝利を経て落ち着きを取り戻すことができた。ボクシングは『心・技・体』どれか一つが欠けてもいいパフォーマンスを発揮することはできないが、これからは今まで以上にいいボクシングができる。自分自身、とても楽しみ」と苦しかった3年間を思い返すように、2019年の戦い、さらなる自身の飛躍に対して期待を示した。

 

 和毅に関して、ファンの間では同世代でバンタム級に君臨するモンスター・井上尚弥との一戦を望む声もある。そのことについて和毅は「まず階級が違う」と前置きすると「ただ、周りの方が日本で一番観たいのは井上選手とのカードなのかな、というのはある。あとはタイミング。井上選手が階級を上げてきて、自分とやりたいとなれば喜んで受ける。やりたいですね」と改めて変わらぬ思いを明かした。

 

 二人がグローブを交えたら、どのような戦いになるのか。ファンの楽しみは尽きないが、「心・技・体」の“心”を取り戻した和毅が、2019年どのような戦いを見せるのか。まずは注目したい。


(C)AbemaTV


▶亀田和毅が世界を獲ったクリーンヒットを全部見せ!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000