加藤貴子、爪を噛む息子の足が化膿「痛々しく変色した指を見るとせつなくなります」

 女優の加藤貴子が18日に、自身のブログを更新。“サクボン”こと4歳の長男の足の指が化膿してしまったことを明かした。

加藤貴子公式ブログよりスクリーンショット


 この日加藤は「サクボンが爪を噛むようになってしまいました。」「年末には足の爪にまで食指が動くようになってしまったんです。そして先日、とうとう足の親指が化膿してしまいました。」と爪を噛む癖が原因となり、親指が化膿してしまったことを明かした。


 また、「現在は抗生剤の服用と病院での消毒で様子を見ることになったのですが、痛々しく変色した指を見るとせつなくなります。」と現在は治療中のようで、「爪をいじったり噛んだりするのは、ストレスの捌け口だから、やんややんやうるさく言わない方がいいよ」と先輩ママから助言を受けたものの、「大人でも爪のまわりが膿むと我慢できないほど痛むのに、子供にそんな痛い思いをさせたくないと思うと、どうしても口を出したくなります。」と複雑な心境をつづった。


 加藤は最後に「私が至らないばかりに、こういった状況になってしまったのだと思いますが、ご経験のある方のアドバイスを参考にお聞かせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。」と読者に呼びかけ、長男が組み立てたというレゴブロックを公開してブログを締めくくった。


 これに対して読者からは「うちは女の子なので、水で落ちるマニキュアを買ってあげました」「うちの娘も(3才6ヶ月)よく爪を噛むので注意をしてます」「成長とともにわかったり治ってくることもあると思います」など様々な意見が寄せられている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000