SUPER☆GiRLS、メンバー5人の卒業公演開催 “新たな道”へ

 アイドルグループ・SUPER☆GiRLSが11日、都内でライブを開催。メンバーの宮崎理奈(24)、浅川梨奈(19)、内村莉彩(18)、溝手るか(21)、渡邉ひかる(24)の5人がグループを卒業した。


 ライブではデビュー曲から最新シングル曲まで全29曲が披露され、集まったおよそ2400人の観客を盛り上げた。


 浅川は、ファンへ向けて「自慢のファンでいてくれた皆さま、本当にありがとうございました。6年7カ月のアイドル人生の約5年、SUPER☆GiRLSにいます。私はSUPER☆GiRLSが心から大好きです。本当に皆さま、ありがとうございました」と涙ながらに感謝を述べた。

 2010年、応募総数7000人の中から選ばれた12人で結成されたSUPER☆GiRLS。5人の卒業後は、11人体制で活動していくこととなる。4代目リーダー・溝手の卒業後は、2014年に加入した渡邉幸愛(20)が新リーダーに就任する。

 ライブ終盤、渡邉は「卒業後、新たな道に進む5人のことも、そしてこれからのSUPER☆GiRLSのことも、今後の16人の応援を、これからもよろしくお願いします!」とあいさつ。16人全員で深いおじぎをし、「以上、SUPER☆GiRLSでした!」と笑顔で締めくくった。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)


東京女子流 withももクロ/「♪おんなじキモチ」

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000