キンタロー。小学校の卒アル秘話を明かす「長いものにまかれるしかない時もある」

 お笑い芸人のキンタロー。が10日に自身のアメブロを更新。小学校時代に、卒業アルバムの撮影をした際のエピソードを明かした。

 キンタロー。は「私が小6の卒業アルバムの時の私です」とつづって写真を公開し、「実はこの写真取り直しの写真なんです。」と切り出した。


 当時、クラスメイトを笑わせたいという理由で、卒業アルバムの撮影を「変顔」で挑んだというキンタロー。撮影したカメラマンから「卒業アルバムにのるんだよ?それでいいの?一生残るんだよ?!!」と確認されるも、「それで大丈夫です!と揺るぎない返事を大人に伝えました。」と強く決意していた様子。


 しかし1週間ほど経過して「卒業アルバムの取り直しがあるので至急図書館に来てください」と、校内放送で呼び出されたことを明かし、「みんなにネタバレしたのと(卒アルで変なことしようとしてた)関係ない学年(1年だった妹の耳にも届く)にも聞かれるわで恥かきました。」と、当時の心境をつづった。

 そして、「うなだれた私は 長いものにまかれるしかない時もあるのだとそう痛感しました。大人の言う通り 大人しく普通の顔で 写真に収まらなきゃいけないんだ。」と振り返り、「この写真を見るたびにこの悔しさ半分の表情をせざるをえなかったあの頃を思い出します。」と述懐。また、「何故本人がそれでいいと懇願したのに駄目だったのだろう、、?今の時代ならば受け入れられてたでしょうか??」と、問いかけながら、「確かこんな顔で撮ろうとしてました。」と、当時を再現した変顔写真を公開し、ブログを締めくくった。


 これに対してファンからは「画像見ましたが小6のキンタロー。さんもその下の現在のキンタロー。さんも全く変わっていませんね。」「子供の頃から可愛かったんですね」「子供のころから笑わすのが好きだったのね~」などのコメントが寄せられている。


※画像は全てキンタロー。公式ブログよりスクリーンショットより

https://abematimes.com/posts/5375131

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000