大島康徳、イライラして妻にあたり自己嫌悪「自分から折れることはどうしても難しい」

 現在がん闘病中の元プロ野球選手で野球解説者・大島康徳が9~10日にブログを更新。イライラして妻にあたってしまったことを明かした。

大島康徳公式ブログよりスクリーンショット


 この日大島は「実は最近イライラがひどい。物忘れもあるし何かやろうとしても上手く行かなかったり そんな自分にイライラが募っているのかもしれない。」と明かし、妻に「抗がん剤をしているとケモブレインという症状でそいいう報告があるらしいよ。そう思って、気をつけながら過ごせばいいんじゃない?」(原文ママ)と以前から言われていたことを明かした。


 しかし、「そんな妻にイライラから感情が爆発し 大きな声をあげてしまった。」と明かし、「妻も今朝から偏頭痛の発作が出て具合が悪かったのに…自己嫌悪。」「これはケモブレインなのか?今、どうしようもなく自己嫌悪。」と心境をつづった。


 また、「今日は…ダメそうです。妻も体調が悪いと寝込んでしまうし…やっぱり私は上手に振る舞えないし…自分から折れることはどうしても難しい。」とつづり、以前息子に「俺らに気を使ってくれるのは有り難いけど…もっとお袋に優しくせめて素直になれないの?」と言われたことを明かした。


 これに大島は「う~ん…難しいんだなぁ…」と答え、「皆さんにご心配をおかけし申し訳ないです。そして祭にも “ごめん” と思っています。」と愛犬の写真を公開、「明日は笑顔で!を目指して…おやすみなさい。」とブログを締めくくった。


 翌日に更新されたブログでは妻が外出するも、忘れ物をして帰ってきたエピソードを明かし、「他人のことは言えない。妻のドジぶりもなかなかのものなのだ(笑)」とコメント。「そんなこんなで…夫婦の会話は復活しました。(ご心配おかけしました。まだ油断はなりませんが 笑) どう考えても我が家は妻を中心に回っていますね。」と仲直りできたことを明かし、愛犬の写真を公開してブログを締めくくった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000