アマゾン創業者のベゾス氏が離婚発表、夫人は“女性で世界一の富豪”になる可能性?

 アマゾン創業者のジェフ・ベゾスCEOが、妻のマッケンジーさんとの離婚を発表した。


 ベゾス氏は日本時間9日、Twitterで「愛に溢れる長い期間と試験的な別居の後、私たちは離婚し、人生を友人として分かち合うことにした」と発表。2人は1993年に結婚し、翌年アマゾンを創業。マッケンジーさんは当初、アマゾンの主要メンバーとして出荷などを手伝っていた。2人の間には4人の子どもがいる。

 ベゾス氏は“世界一の富豪”で、その資産総額は約14兆円。婚前契約の有無や離婚の条件は不明だが、仮に財産が平等に分割された場合、マッケンジーさんは女性で世界一の富豪になる可能性がある。アマゾンの事業計画の一部は、2人がニューヨークからシアトルまで自動車でアメリカを横断しながら描いたという。


 ただ、米ピープル誌などはベゾス氏が「ニュースキャスターのローレン・サンチェス氏と交際していた」と不倫を報じており、マッケンジーさんは不倫に気づいていたともされている。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


深田恭子に熱愛報道、お相手は若手起業家

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000