言峰綺礼役の声優・中田譲治、Fate特番にやる気満々「私に生のMCをやらせて大丈夫?」

 「劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』 II.lost butterfly」が1月12日より全国公開されるのを記念した特別番組「もし、わたしが生放送をやったら、許せないかね?」が、1月10日にAbemaTVにて独占生放送される。メインMCを務める声優の中田譲治はTwitterで、「私に生のMCをやらせて大丈夫?」とコメントしている。

 魔術師(マスター)と英霊(サーヴァント)が、あらゆる願いをかなえる願望機“聖杯”をめぐって戦う“聖杯戦争”を描いた大人気ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」の最終ルートである「Heaven's Feel」(通称・桜ルート)が、全3部作で劇場アニメ化。2017年に公開された「presage flower」は98万人を動員し、興行収入15億円を記録するほどのヒットを飛ばした。今回公開される第2章「lost butterfly」では、運命の分岐点である最重要エピソードが描かれる。


 同映画の公開を記念して、ラジオ番組「劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]~もし、わたしがラジオをやったら、許せませんか?~II』」の出張版番組がAbemaTVにて独占生放送されることが決定した。メインMCを務める中田譲治(言峰綺礼役)に加え、杉山紀彰(衛宮士郎役)と下屋則子(間桐桜役)もゲスト出演して、「劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』 II.lost butterfly」の魅力を解説していく。


 中田は1月9日、「ヤバくないAbemaTVさん?チャレンジャーだなANIPLEXさん?私に生のMCをやらせて大丈夫?杉山さん、下屋さんすまん!今のうちに謝っておく。それとも、許せない!と言う声が殺到して中止になる?」とツイートした。しかし、「だが、やる」という自身の音声動画も公開しており、どうやらやる気満々らしい。当該ツイートには、ファンから「やるんかい!」「許せます!」「喜べ神父。君の願いはようやく叶う!」「これは良い愉悦」といったリプライが寄せられている。


▶1月10日(木) 21:00~ 【独占】もし、わたしが生放送をやったら、許せないかね?

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000