「演技で隠しきれない素の顔にグッとくる」「毎回放送されるキスシーンに興奮!」 “ドラ恋のココを見よ!”MC2人の白熱トーク!

AbemaTVで放送中、若手俳優の男女8人が恋愛ドラマを撮影しながら本当の恋をする、“ちょっぴり大人の恋愛”リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい2』。TV Bros.がAbemaTVの人気番組や番組情報をまるまる一冊にまとめた、現在発売中の『AbemaTV Bros.』(東京ニュース通信社発行)では、シーズン1から番組を見守り続けるMCのお二人の“ドラ恋”トークの模様を収録している。

渡辺直美(以下・渡辺):今シーズンも美男美女が揃いましたね~。


福徳秀介(以下・福徳):キスシーンがあるってわかってるのに毎回緊張するもんな。


渡辺:それが見どころだから!普通のドラマだったらキスシーンでも〝役者の顔〟しか見られないけど、ドラ恋は役者の顔だけじゃなくて本当の〝素の顔〟が覗き見られる。キスをする前、そしてキスをした後……。隠しきれない彼らのリアルな表情が出ていて、それを見ているMC陣も思わず興奮しちゃうっていう。みんないい大人なのに(笑)。


福徳:僕はこれまで街を歩いていてイケメンを見ると必ず「さぞかし女性の扱いが上手なんだろうな~恋愛のスペシャリストなんやろな」と思っていたけれど、この番組でそれは間違いだと知った(笑)。イケメンでも恋愛に不器用なやつもおるんやな。「おい! それしたらアカンやろ! なんでそんなこと言うねん」と思わず口にしてしまうほど、美男美女の恋愛ベタな部分が垣間見えるところが面白い。


渡辺:VTRを見ながら「男は鈍感! これだから女は怖い!」と、男女で意見がキレイに分かれるよね。


福徳:ぶっちゃけ、収録だと女性陣の圧が強すぎて(笑)、彼女たちの意見に従わないと終わらない雰囲気やから。「女は絶対に自分の意見を押し通す」ことを学びましたね。特にMCの2人は勝手に決めつけるから(笑)。


渡辺:はははは! でも、私と谷さんだから特別ってわけではなくて、女だったら全員が「何だよこいつ…!」と思う行動に対してツッコんでるんですよ。


福徳:男子は男子で、男性チームを応援したくなるような内容だし。


渡辺:私からしたら「この行動は何なの? 私のこと嫌いなの?」と思うようなことでも、男性チームには「好きだからこその行動なんだ」と言われたりして。〝男女のすれ違い〟という普遍的な現実を再確認しています。


福徳:女性と男性では目線が全く異なるよな。MCは他人の恋愛を俯瞰して見ている、ある意味〝神のポジション〟。だから勉強になるよな?


渡辺:そうそう! こういう行動をすれば男の人って簡単に落ちるんだ!って。


福徳:とか言いつつ、僕らはシャイだからこの番組を見てどんだけ知識を積んでも現実は好きな人に積極的にいけないんやけど(笑)。


渡辺:切ない~~! 私は自分から好きな人にグイグイいけなくて相手と距離を縮めるのに時間がかかるタイプ。でも「ドラ恋」は時間限定だし、そこに俳優として演技をするという別のタスクが乗っかっている。みんな、私たちより年下なのに、演技して恋愛もしてキスもして……。究極の大人の遊びだなぁと尊敬しますね。


福徳:ほんまそうやな。


現在発売中の『AbemaTV Bros.』では男女の恋愛観のズレや番組の推しキャラについても触れたインタビュー全文が掲載されている。


そのキスは本気? それとも演技? 人間のむき出しの感情を追いかける恋と夢と青春の記録…『恋愛ドラマな恋がしたい2』は毎週土曜・後11:00~深0:00に放送中


※『AbemaTV Bros.』(東京ニュース通信社)より抜粋。『AbemaTV Bros.』は全国の書店、ネット書店、コンビニなどで発売中。


取材・文/児玉志穂 撮影/日高奈々子


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000