家電・IT見本市「CES2019」に世界初“巻けるテレビ”“曲がるスマホ”が登場

 ラスベガスで開催されている世界最大の家電・IT見本市「CES2019」。そこで“巻けるテレビ”が発表され話題となっている。


 トイレットペーパーの如く台の中に収納できるこのテレビは、韓国電機メーカー大手・LGエレクトロニクスの「SIGNATURE OLED TV R」。画面は有機ELの65インチ、4Kに対応し、画面を収納した場合はスピーカーとして使用することもできる。

 開発の経緯について、LGエレクトロニクス・ジャパンの担当者は「テレビは、消費者がより没入感を得られるように年々、大画面化。しかし、そのデメリットとして部屋のスペースを取られてしまった。その改善策として“巻く”機能をつけた」と説明。

 一方、現地で取材しているスマホジャーナリストの石川温氏は「クルクル曲げて収納されるという予想外の動きに感動。LGの技術力の高さに驚かされた」としつつ、「本当に必要な機能なのかというところではちょっと微妙な感じもある」とコメントしている。

 さらに、CES2019では世界初の“曲がるスマホ”も登場。中国のベンチャー企業・Royoleが開発した「FlexPai」は畳むとスマホ、伸ばすとタブレットになる代物で、石川氏は「ワクワクするし便利そう。でも(約14万円は)高い」としている。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


“巻けるテレビ”“曲がるスマホ”の映像はこちら(5:15~)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000